譲れない思い誰も邪魔できない

推しがたくさんいるやつのTwitter:@mmm_357

Jr担が見た宇宙旅行 -EPCOTIA ENCORE-

あけおめーー!!!!

いやー明けたのよ。年が。1ヶ月ほど前に。大河くんが27歳になったってことは無事2019年になったってわけで。
私は生まれて初めて(大阪に住んでるくせに)大阪で年を越しました。おじいちゃんの家で年越してたからね今まで。

いやー寒いのなんのって。冬の大阪寒いのよ。知ってたけど。しかも京セラドームなんて川沿いだしちょっと歩けば海あるしで死ぬほど寒いのよ。で、中暑いのよ。とんでもねえな大阪。大河くんちゃんとあったかい格好してきた?大丈夫?

今話したいの大阪が寒い話じゃねえわ

ってなわけで、年越しの瞬間はEPCOTIAライナーに乗ってました。大阪ですらなかったわ、ごめんな。アニバーサリー星に飛んでたわ。

今回は東京大阪合わせて4公演のみだったし、アリーナツアーのバックについていたJrはほとんど嵐のツアー真っ最中だったのに、NEWSはJr12人と共に4公演を駆け抜けてくれた。しかも、NEWSの初めての単独カウコンの京セラドームという大きなところにも連れていってくれた。もうNEWSさんには頭が上がりません。今後ともお世話になります。

ってことで1ヶ月越しのコンサート感想文提出してみたんだけど、死ぬほど長いからみんなNEWSに恋してのファッションチェックの体力溜まるまでの間に読んで。5時間でマックスまでも溜まるからあれ。




xx.OP
NEWSがOP撮り下ろしてたぞ〜!!!やべえ〜!!!ヲタク愛されてる〜!!!
小山くんがお仕事してて、シゲがタブレットいじいじしてて、増田くんが食ってて、手越くんが脱いでるから全部「☺☺☺」って感じでした。


1.EPCOTIA
登場してきた瞬間に「いる〜!!!!」ってめっちゃ慌てながら双眼鏡構えた。正直登場するまで本当にJrがつくのか不安だったからめちゃめちゃ安心したし、私の双眼鏡は大河くん追跡機能ついてるから構えた瞬間に大河くんのドアップだった。いやーあの人晦日の22:00から見てもどちゃくそイケメンなのな。知ってたけど。この瞬間から26歳最後の大河くんのはじまり。


2.TWINKLE STAR
なにあの可愛い生き物。NEWSか。てごちゃんが「とぅいんくるすたー♪とぅぃんくるすたー♪とうぃんくるすたーあー♪カモン!」ってヲタクに煽ってきたのにはさすがにびびった。一応やった。


3.U R not alone
ここでかよ……(頭抱)マジで!?って絶叫した記憶がある。私は初日に行かせてもらったから、増田くんが目の前で泣……いてはなかったらしいんですけど、なんかドームで4人で復活できなかったこととか、京セラに来れなかったこととか、「NEWS」として初めての単独カウコンだなとかいろんなこと思って私も号泣しました。3曲目で。

拝啓あの日の僕へ
今はここに立っています
誰かに笑われた夢を
今もここで見続けてます

NEVERLANDで聞いたときとまた全然違う風に聞こえてきて面白いなぁ。いやーこれ大丈夫?まだ3曲目だよ?


4.SPIRIT
何気に1番好きかもしれない。今でも気が抜けると腕ピロピロ〜ってしちゃう。大河くんがインフルになったときは私が代わりに腕ピロピロ〜ってしにいくね。
Silent Loveのときもそうなんですけど、「8人でひとつのグループに」とか、「11人で成り立つフォーメーション」とか、そういうのをJrに任せてもらえるとNEWSからの信頼だな〜って嬉しくてニヤニヤしちゃう。大河くんしか見てなくて全然知らなかったんだけど稲葉くんと増田くんなにやってんの?

f:id:stormsho0125:20190114113819j:plain


5.紅く燃ゆる太陽
大河くんがかっこいいな〜!!!!!って片手で踊りながら双眼鏡で覗いてたら終わってた。
大阪初日でイントロで特効バーン!!!が無くて寂しかったら、次から追加されたらしいから年越しのタイミングに飛ばすために減らしたのかな??思わず「えっ?無いの?」って言った。あるのに慣れすぎ。


xx.異星人パート
連番してた手越担「今からコント始まっから。」
ぬいぐるみも出たことでどんどん可愛くなっていく異星人3人(数え方が合ってるのかは分からない)。
Stand up!への入り方が上手すぎて「ひょえ〜!?!?」って変な声出した。そのまんま曲に行くと思ったら強制的に切らされてびっくりした。
\すたーんだっぷ!/\すたーんだっぷ!/\すたーんだっぷ!/\すたっ……🙊🙊/


6.Stand up!
異星人を誘導する大河くんが超絶かっこよかったから歌のおにいさんやってほしい。たいがおにいさんといっしょに、踊ってくれるかな〜??
いいともー!!
Stand up!の振付って基本的に足踏みとクラップだけで構成されてるはずなのに、大河くんが踊ると死ぬほどかっこよくてびっくりする。足踏みとクラップってあんなスタイリッシュにできるの?


7.NEWSニッポン
NEWSの人達「1,2,3,4,5,6,7!It's Big NEWS!!」
大河くんを見てる私と手越くんを見てる手越担「「可愛い〜!!!」」
ずーっと大河くん見てたから全然気づいてなかったんですけどNEWSさん飛んでたんですね……
大河くん見てたら回りから「おぉ〜!!」って声が聞こえてきたから何事だ?って思って双眼鏡外したら真上にシゲがいた。なんかすまんな。
衣装がめっちゃ可愛かったのに全然覚えてないの悔しいから今すぐ円盤出して欲しい。


8.LIVE
小山くん「逃ーげーらーんないこの状況っ.+*:゚+。.☆」
っていうかなんで誰もLIVEの大河くんが超ウルトラハイパー可愛いの教えてくんなかったの!?超可愛かった!!抱きしめてもいいよ!!愛してみてもいいよ!!


9.weeeek
増田くん「さぁジャンプするぞー.+*:゚+。.☆」
私「だめ!!!!!!!」
この曲が京セラで1番怖かったわ。空気を読んで誰も飛ばない会場。優秀。京セラドームジャンピング禁止だからね!飛んだら使えなくなっちゃうからね!はじめてっぽくていいけどね!って思ってたらこの間松本潤さん思いっきり「飛べー!!」って煽ってきた。松本さん京セラ何回目だよ。


10.恋する惑星
可愛い…………(頭抱)
なんで誰も言ってくんな……言われてたわ。毎回秋山くん可愛い報告アリーナのときから受けてたわ。その度に鼻高くして写真配ってたわ。忘れてた忘れてた。
東京最終日に大河くんが小山くんにお姫様抱っこしたって聞いたんで、来世は小山くんになります。


11.IT'S YOU
おーい!!!!コヤシゲが踊ったってよ!!!!
いざ4人が踊ってるとこ揃ったらクセ強すぎて笑った。NEWSのお兄さん達クセ強い。四者四様すぎ。全員振付違う。
あと手越くんが「太陽が花を愛でるように風が波を起こすように包み込む優しさ」って歌った瞬間、会場がどよめいた。可愛い。何あれ。


12.SHOCK ME
そろそろこれも再録してよくない?Representしない?しよう?
聞いてくださいよ、この曲をEPCOTIAバージョンに作り替えたの大河くんなんです。超かっこいい。先輩のコンサートで先輩の楽曲の振付構成任される自担。かっこいい。振付稼業Taiga Akiyama。
SHOCK MEはイントロから全部好きすぎて何も言えないのでSHOCK MEランキング発表しますね。

3位:ずっとクセ強く踊ってるだけだったのに最後の最後でジャケット芸盛り込む大河くん
2位:ビート熱く刻む大河くん
1位:秋山Super motion大河


xx.ドッキング
なんで映像の増田くん全部食べキャラなの?アリーナツアーの映像のたかぴーずっとずるかったじゃん?だって開演前に流れてきた映像で手越担と2人で「ずるいわ〜!!!」って言ってたからね。ずるいもん。しゃーない。
で、なんで食べキャラなの?


13.チャンカパーナ
バンドセクションきたー!!!
私ドームで生バンドって何回か聞いてるんですけど、気持ちよく聞けたイメージなくて、バンド出てきた瞬間正直ちょっと「うわマジか……」って思っちゃったんですよ。でもね、NEWSえぐいんですよ。今までドーム聞いた生バンドの中で1番音が綺麗だった!!NEWSえぐい!!すげえ!!
そんでもってバンドセクション1曲目がチャンカパーナなの最高。もう毎年毎年コンサートで聞いてるけど全部違う演出で飽きさせないNEWSくん最高〜!!!!


14.夜よ踊れ
はぁ〜〜〜………………🤦‍♀️🤦‍♀️💫💫
ヲタク一同バンドがでてきた瞬間に「くるぞ……夜よ踊れくるぞ……」っ思ったのにチャンカパーナ「……おうっ!!」みたいな感じになったら2曲目で「!?!?!?」ってなった。NEWSくんずるい。
全体的に全員ずるいんだけど、シゲアキ先生のセリフでヲタクがしっかり黙ってるのが偉かった。味スタ初日はセリフが聞こえなかったからね!!成長成長!!
あと小山くんが「ナン…バァ」って言ってて「ひぇぇ……」って声出た。天才か???


15.LVE
なんかもう言葉が出ないんですけど……畳み掛けすぎじゃない……?生バンド最高……
アイドルが檻の中に閉じ込められているという演出がたまらなく好き。私達は檻の外から見ているだけだし、なんだったらきっとアイドルを閉じ込めているのは私達なんだろうな。そのアイドル檻の中で「忘れるな、抗っていけ」と叫ぶ。ひゃー最高の演出だな!!
あと、私の記憶が正しければこの曲も大河くんいた気がするんだけどあってる?双眼鏡構えたけど、結局モニターの映像で全く見えなくて諦めたんですよね……いたよね?大河くんも檻の中にいたよね?
一切の記憶にないから今すぐ円盤が欲しい。


xx.バンド&Jr紹介
生バンド引き連れてまーす!!!って感じがすごかった。かっけえ。
あとね!!Jr紹介で踊らせてくれたの!!嬉しい!!いつも嵐のJr紹介では踊らせてくれて、大抵大河くんの振付で、NEWSでもJrだけで踊らせてくれたら嬉しいな〜世界観的に難しいかな〜って思ってたらできた。いつもは年に1回しか見れないはずの大河くんの振付を、2018年は年に3回見れた!!かっこいい!!好き!!


16.JUMP AROUND
Jrだけで踊らせた後にJrを最初からつけてJUMP AROUNDやるの超かっけえ……
「太陽沈んだらcallするダチ」で電話してる大河くんがウルトラかっこよかった。暇してんのに電話かかってこないな〜なんでだろう?🤔🤔
間奏がCDと全然違うのがライブ感あって最高に好きでした。生バンド最高(何回目だよ)。
アリーナ公演では小山くんの手でクラップしてた大河くんが、今回は床に手を叩きつけてクラップしてて変な声出しました。連番してた手越担にここで謝ります、ごめん。大河くんがかっこよかったから仕方ない。


17.BLACK FIRE
生バンドの真骨頂きたー!!みたいな選曲。最近起きる時ずっとアラームこれだったから目が覚めました。
これは個人的な問題なんですけど、イントロで大河くんが「みんな立てー!!」って煽ってる音声が頭の中で流れちゃうのなんとかなんない?湾岸のせいだよ絶対。かっこいいから許すけどね!


18.Strawberry

高低差で耳キーンなるわ!!

情緒不安定セットリスト。ついさっきまで本当の自分を今呼び覚ませー!!!とか叫んでた人達が7月4日に生まれた僕〜♪って歌い出してる。情緒不安定。
NEWSお得意大きなドームのセンターステージで小さくなって歌う手法でうたってたんですけど、まぁ可愛いんだわこれが。
CD音源だと「ジョイフル!」がシゲが割と落ち着いたトーンで歌ってたから声出すとこでもないのかなー?って思ってたけど、普通に叫んだ。ジョイフル言った。なんの戸惑いもなかった。ジョイフルヲタクのパートだわ!!うん!!
シゲちゃんが「ありがとう!!!!愛してるぜ!!!!」でのどちんこ飛ばしちゃったからアリーナ周辺で拾った方は届けてあげてください。


xx.異星人パート.時空の歪み
ヲタクに好きな歌を聞いて歌わせる拷問の時間。私が行ったカウントダウンのときは汐留のブルーツリーさんがいらっしゃってて、星をめざしてを堂々と歌ってらっしゃいました。あとね!!MADEのうちわ持ってくれてたの!!各種WSはどうしてここを使わなかったんだろうね???
このあと異星人達がEPCOTIAライナーに乗り込んで、ヲタク大好き時空の歪みが発生。
ヲタク「フゥ〜〜〜〜!!!」


19.ずっと一緒さ/増田貴久
時空歪んだわ〜🤦‍♀️🤦‍♀️
そういう……そういう歪みの発生なんですね……
増田くんが山下達郎を歌うと私と心中するのかなって思うから不思議。しません。


20.DANCIN' TO ME/小山慶一郎
2018年平成最後の小山チャラ一郎キター!!!
小山くんのソロは斜め後ろを見れば大体大河くんがいるからありがたいです。頭が上がらない。写真を1枚買いに行きます。
1回モニターに大河くんのソロだったっけ!?ってレベルで大河くんが抜かれるときもあるんですけど、今回はKAFUN・TAKAYUKI・KINNOが優勝。あ、ジャニーズJrの今野貴之くんです。天才じゃない?KAFUN・TAKAYUKI・KONNO。他人のソロであそこまで主張してくる人初めて見たよ。東京ドームでソロ歌唱おめでとう!!MADEもまだしたことないよ!!ちなみにこんちゃんがどいたら大河くんが主張に来るから大サビは小山くんを見れません。小山くんのソロで小山くんを見たのは多分ニャン太だけです。


21.カカオ/加藤シゲアキ
いやー私には難しい。考察書けるシゲアキ担すごいと思う。考察芸人だけど私には無理だ。大人になったカカオえっっっろとしか思わなかった。くそみたいなヲタクだな。
私はシゲの顔ファンなのでシゲの団扇を買い揃えて定期的に眺めては「顔が良いわ〜!!」って言ってるヲタクなんですけど、年越しも顔が良かった。加藤シゲアキの顔面に年越しも年明けも関係ない。いつ見ても顔が良い。私の好み。
ずっとエロいカカオだったのに最後の最後にせりあがったステージからすべり落ちていってヲタク一同「かっ……可愛い……(頭抱)」ってなってた。シゲずるい。


22.Addict/手越祐也
ガチャだった手越くんのソロですが、私が行った日はAddictだったのでAddictの話をします!!
まず聞いてください、Addictの構成作り直したの大河くんです!!いやーーかっこいい!!先輩のソロ曲の構成を任される自担!!かっけえ!!……手越くん先輩じゃねえわ同期だわ。
いやーにしてもかっこいいな。京セラドームで自担が構成組んだ曲見れるのってデビュー組のヲタクでもなかなか無いと思うんだよね。愛されてるなぁ。
あとはもう年越す前に「抱かせてぇーーー!」って叫ぶか普通?っていう感情なんですけど、なんだかんだAddictめっちゃ楽しかったかな(^^)


23.Cascade
異星人達はEPCOTIAライナーから降りて、次の曲に。ここで時空の歪みは止まったと思ってたんですけど、機長からのアナウンスが無かったからここで今ももしかしたら歪んだままなのかもしれません。そりゃMADEの単独横アリの発表もまだだよねー!!!時空歪んでるから仕方ない!!!
実は私この曲コンサートですると思ってなくてイントロかかった瞬間に手越担と「攻めるね〜!!!!」って煽りました。中々の攻めセトリ。
NEWSの人達は歌が上手いんですね……!!


24.AVALON
なんかJrのライトがパワーアップしてた!!大河くんの輝きが増してた!!いつも輝いてるけどいつもに増してかっこよかった!!もうすぐで27歳になるからかな!!
ずーっと大河くん見てたんですけど、周りから「おぉ〜!!」って声が聞こえたから何事?って思って双眼鏡から目を外したらNEWSに桜の塊が降ってきてた。スタッフからの愛が重め。桜が降ってきたとかそんな可愛いもんじゃないのよ。桜の塊が降ってきてんのよ。塊だよ?塊が降ってきたんだよ?そりゃヲタクも「おぉ〜!!」だわ。


25.EROTICA
手越くんが

俺がEROTICA

って顔してました。


26.UFO
この曲ってあんなにガシガシ踊る曲なの……?サビの大河くん1人ずつ射止めていくんじゃねえかって顔ですっげえガシガシ踊ってたんだけどあれ正解……?大河くんが踊ってるから正解なのか……。
条件反射で踊れる振付!!!!可愛い!!!!air:manさんありがとう!!!!愛してるぜ!!!!


27.メガロマニア
私と大河くんの間を阻んだ柱を私は一生許しません。360度ステージは四方の柱と私を照らしてんじゃねえかってレベルで向かいから発光してくる照明が苦手です。
知ってたけど私メガロマニアの大河くんすっごい好き。めっちゃ好き。
いや〜かっこいいのなんのってな。俺今めっちゃ踊ります!スイッチ入れてんの。
いつか大河くんにもメガロマニア振付してほしいな〜って思ったから今言うね、大河くんメガロマニア振付して!!!


28.BLACK HOLE
この曲の振付大河くんじゃないの……?違う……?言っちゃダメなの……?違ったら大河くんバージョンで振付して……?(貪欲)
マジで大河くんがかっこよかった記憶しかないんですけど、コンサートの2週間後にアリーナツアーのBlu-ray出たのすごくない?全然ロスらなかった。お陰様で1日1BLACK HOLEの精神で生きてます。
おまけに今回はマルチアングルもついてるから使い方次第ではほぼ大河くんのマルチアングル。映り込みの達人。完璧だった。


xx.異星人パート.歌
BLACK HOLEから抜け出すために初見で死ぬほど難しいリズムを歌わされるヲタク。
初日のヲタク「無理だよ💢💢💢💢」
なんとか乗り切るあたり本当NEWS担は合唱部だな!!!無事BLACK HOLEを抜け出しました。

31日はここでカウコン中継を挟みました!
増田くん「あと2分で年越すって!!」
ヲタク「マジで!?(腕時計確認)」
時空歪んでるから年越しという概念にいなかった。そうだ今カウコンだった。忘れてた忘れてた。


xx.「生きろ」
増田くん「ここが1番暑い場所だって見せつけてやろうぜ!!」
ヲタク「イェーイ!!!」
増田くん「あんまり声出す曲じゃないんだけどね!!!」
〜♪「生きろ」
ヲタク「キャーーーーー!!!!!!」
「生きろ」であんなにキャーキャー言うの最初で最後じゃない?カウコンってすごい。

「生きろ」歌唱後、Jrも呼んで年越しの瞬間の中継のスタンバイ。MADEちぁがデニムの衣装着させてもらってた( ; ; )
このことの何がすごいってもう本編ではデニムの衣装を着ないわけですよ。だけど、年越しのテレビに映る瞬間だけのために大阪にわざわざ衣装を4人分持ってきてくれたわけですよ。これをNEWSからの信頼と言わないでなんと言うんだい?

嬉しくてポロポロ泣いてたら年越し5秒前でした。

5...

4...

3...

2...

1...

大河くん誕生日おめでとうー!!!!

あ、

あけましておめでとうー!!!!

4年ぶりにステージの最前列で自分の誕生日を迎えた大河くんは4年ぶりに特攻にびっくりしてた。いつもステージの一番奥でジャンプして年越してたからね。特攻近くてびっくりしたね。嬉しいね。客席の一番近くでオリジナルの衣装を着て誕生日迎えて、それが地上波で中継されるのすごいね。最高だね。


このあとジャニーズシャッフルメドレーで硝少のイントロかかるんだけど、ヲタク一同踊りだしたら手越くんに「音止めてくださーい💢💢」って怒られた。ごめんごめん。浮気じゃないから!!


それでね!!中継終わってすぐに手越くんが「いつも東京では光一くん祝ってもらってたけど、こっちではMADE秋山大河おめでとうー!!!」って言ってくれたんですよ!!で、マイク持たせて「ありがとうございます!!27歳になりました!!」って喋らせてくれたんですよ!!嬉しいありがとう手越くんのお写真買いに行ったよ!!

f:id:stormsho0125:20190124185811j:plain

まさか27歳になって1、2分の大河くんの声聞けると思ってなかったんですよ。だってMADEのコンサートなわけじゃないし。大河くん本人も言ってたけど本当に幸せだったなぁ〜。
4万5000人が大河くんの誕生日を祝ったんですよ。こんなことあります?NEWS担これで1月1日が大河くんの誕生日だって覚えたでしょ?来年から年を越すたびに「大河誕生日おめでとう」って思うでしょ?もうそれだけで私満足。いやーいい年越しだった。

大河くん誕生日おめでとう!!


xx.シンデレラガール
さてここから増田くんが「こっちはこっちでNEWSのジャニーズカウントダウンやりますよ!!!」とか言い出してえっ何やんの……?ってビビってたら、手越くんが「君はシンデレラガール My Precious One」とか歌いだして黄色い声を出しました。キャーキャー言ったのは反省してます。ごめんごめん。でも仕方なく無い?手越くんだってX JAPANのライブ行ってTOSHIさんがチャンカパーナ歌い出したらそりゃビックリするでしょ?それと一緒よ。
歌割りが全部ヲタクが求めてたものまんますぎて笑った。需要を分かりきってるNEWS。
12時過ぎてから歌う「割と門限厳しいってそんなのちゃんと分かってるって」ほど説得力ない歌詞無いと思う。


xx.大阪ロマネスク
小山くんが歌い出した瞬間にしゃがみこんだ。びっくりしたびっくりした。まさかロマネスク来るなんて思ってないから。NEWSのコンサートですよね?
シゲに「この街の言葉乱暴と言ったねでも僕はやめないよ好きやと言うから」って歌わせたの誰?ありがとう。


xx.ええじゃないか
やっべえ私含む周りのヲタク一同浮気バレてた……。浮気じゃない!!浮気じゃないから!!NEWS担で集まったのにWESTばっか見る鑑賞会とかしてたけど浮気じゃないから!!
知ってます?大河くんが年明けて最初に踊った曲ええじゃないかですよ。っていうかMADEとNEWSバックの子達12人が2019年最初に踊った曲ええじゃないかですよ。やっべえ年明けだな。


xx.Venus
Venusの何が嬉しかったってJrと一緒に踊ってくれたことなんですよ。東京ドームではタッキー&翼の最後をみんなで彩ってるんだけど、NEWSとNEWSのバックに着いた12人はそこに参加できないわけですよ。
でも京セラドームでJrと一緒に踊ってくれたことで、間接的に最後を共に彩らせてくれたんですよ。
すっごい嬉しかったです。滝沢歌舞伎に出てるMADEの映像が走馬灯みたいにぶわあああって脳内に流れてきました。滝沢歌舞伎でもMADEちぁはクセ強めのダンスだったな。
最後に増田くんが「タッキー&翼大好きー!!」って叫んだのが京セラにいたヲタクの総意だと思います。ありがとう!!!!大好き!!!!

あと、このエモい話とは全然関係ないんだけど、Venusで増田くん周辺についてたJrの1人が稲葉くんで、なんか異常に距離近いから「そんな立ち位置?」って思って慌てて大河くんと手越くん見たらそれなりの距離感あったから、絶対増田くんオキニ贔屓したでしょ。おかげで映りこみまくりでしたね稲葉くん!!ありがとう!!


ってなわけでこの4曲をメドレーでやったわけだけど、シンデレラガールは私情すぎない?大阪ロマネスクとええじゃないかは大阪だからで、Venusはタキツバラストだからだけど、シンデレラガールは全く関係ないじゃん?私情でしょ?キャーって言われたいからでしょ?言ったら怒られたけど。
いやー愉快な年明けだわ〜.+*:゚+。.☆


新年早々NEWSのジャニーズシャッフルメドレーが終わったら、東京カウコンのグループチェンジメドレー待ち。
ここで増田くんが「俺らの初めてのカウコンだから、今までのカウントダウンでやってないことやりたい」って言ってくれて、ペンライトでのウェーブの練習。


xx.僕の背中には羽根がある
「結果はO.A.で確認してーー!」って言いながら曲がスタート。
結果としては全く映ってなかった。でも楽しかったからOK!!あのヲタクが一丸となった感じすげえNEWS担って感じだった!!楽しかった!!
そしてNEWSは歌が上手い!!大阪から全国に知らしめた!!満足満足!!


xx.weeeek/V6
合唱部NEWS担・本領発揮。
NEWS歌ってないのにヲタクが歌う歌う。そういうとこある。楽しい。


中継が全部終わって本編に戻ります。
シゲ「みんな覚えてる!?ねえ!?今ブラックホール抜けたとこだよ!?」


29.LPS
ブラックホール抜けた先がラブピーススマイル〜.+*:゚+。.☆平和〜.+*:゚+。.☆
元々は機内音楽としてアルバム入りを果たした曲だったけど、ブラックホールを抜けた先だとまた聞こえが違ってくるな〜。平和平和。みんなで歌った後に「歌って〜!はいせーの!!」って煽られるから死ぬほど歌う。NEWS担、歌う。


30.恋祭り
NEWSくん今真冬だよ〜!!!
ヒートテックめっちゃ着て上着も重ね着しまくってコンサート行ったのに「君に君に恋してたあの夏〜♪」とか歌われる始末。京セラドームだけ、夏。
この曲からJrが出てくるんだけど、パーカーをリメイクした衣装が可愛かった!!あれ私も作ろっかな!!元々普段着しない色のパーカーだったのに更に普段着しなくなるわ!!
「君が好き好きです好きなんだ〜♪」の大河くんがアリーナの女を狙い撃ちしてて死んだ。お姉さん、大河くんに担降りでしょ。


31.NYARO
だからNEWSくん今冬〜!!!
NYARO踊る大河くん死ぬほど好きだから許した。踊ってるのはNYAROなはずなのにクセが強い。
めいかーみらこーはいっちゃんとだったんだけど、すっごい楽しそうにハート作ってた。イッチャンカンシャエイエンニ。納豆食べるのだけはやめてあげて欲しいかな!!


32.渚のお姉サマー
……今……冬……。もう言うの諦めよ。
大河くんアリーナの女乱れ打ち〜!!!はい、右からあなたも担降り、あなたも担降り、あなたも担降り、あなたも担降り〜!!!
そんなわけで渚のお姉サマーで大河くんのヲタクは4万5000人増えました。


33.EMMA
諸事情あって過去最高至近距離でEMMAを見ました。
振付間違えて照れ笑いする増田くんがかっこよすぎて何も出来なくなった。引き下がり方知らない男……。
最後のリップ音が小山くんでなんか長めだったんだけど何?


34.チュムチュム
京セラドームが一気にインドに。
チュムチュム大好き芸人だからイントロで拳突き上げそうになった。抑えた。
チュムチュム踊る大河くんクセ強くて好きなんだけど誕生日も年明けも関係なくクセ強かった。秋山大河ってそういう男。


35.KAGUYA
大河くんがずっと稲葉くんと傘に被ってた記憶しかないです(ひどい)。
ちゃんとNEWSがいる方向の花道にJrをつけるから使い方が上手いな〜って思いながら見てた。あと、エロい。


36.Fighting Man
この曲のJrの振り振付したの自担でーす!!!かっこいい。振付構成・秋山大河。かっこいい。
手越くんが最後の「Fighting Man〜♪」のところで「一緒に!!一緒に!!一緒に!!」って煽ってて可愛かった(^^)(^^)一緒にやった(^^)(^^)


37.裸足のシンデレラボーイ
手越くん「ちっぽけなドーン!ね!!ちっぽけなドーンだよ!!ドーンだよ!!ドーンだからね!!
全私「知ってるよ!!」
振付が爽やかで好き。大河くんも爽やかだった。朝の光が差してる感じ。踊ってたのはド深夜なんですけどね。


38.TEPPEN
TEPPENを聞くと関西ジャニーズJr.の林真鳥くんが立ち位置間違えちゃって、キスマイのセンターで踊った話を思い出すのでTEPPEN好きです。

f:id:stormsho0125:20190127100647j:plain

顔が良い。
この曲のゆらゆら揺れてる振付が可愛くて好き。ゆらゆら揺れてる大河くん可愛くて好き。大河くんなら大体なんでも好き。(チョロいヲタクだな)


39.希望〜Yell〜
NEWSはまだフロートで回ってて、Jrはセンターステージにいるんですけど、MADEがドーナツの真ん中にいたんですよ。ようするに、センターステージの1番真ん中の1番上。そこでニコニコ客席煽るMADE見てたら、この景色もっと見せてあげたいなって思ったし、私もそこに立つMADEをもっとみたいなって思ったんです。
またここに戻ってこようね。待ってるね。寒いけどヒートテックで耐えるわ。


40.4+FAN
やっぱNEWSファンタスティック!!!
4+FANは前半に持ってきても後半に持ってきても締まるから良いよな〜って思う。良い曲。
いつもこの曲を踊る大河くんが「僕らファンタスティック」では自分を指さすから「そうだね!!大河くんがファンタスティックだね!!」って思ってきたんだけど、今回は大河くんがいなくてNEWSくん見たら「僕!!ら!!ファンタスティック!!!!」みたいな顔してた。良い顔。


41.「生きろ」
はーい本日2度目の「生きろ」頂きましたァ〜.+*:゚+。.☆
リリース直後の今にも消えるんじゃないかって顔しながら歌ってた「生きろ」とは違って、余裕を持って私達に届けるように歌う「生きろ」でした。
NEWSくんが笑顔で「生きろ」歌ってると嬉しくて泣いちゃうんですよね。頑張ったね、頑張ろうねって。
京セラドーム歌う「生きろ」はもう一度ここに帰ってくるって意味が込められてた気がしたなぁ。待ってる待ってる!!ずっと京セラで待ってる!!


42.HAPPY ENDING
終わっちゃう( ; ; )
大河くん荷物積まなくていいよ( ; ; )もう1回フェスティバル星に到着したあたりからやり直そ( ; ; )時空もう1回歪も( ; ; )
増田くんがJr紹介で「今日誕生日!……間違えた!稲葉!今日誕生日秋山!冨岡!福士!MADEー!!」って言ってたんだけど、増田くん稲葉と大河くん間違えすぎじゃない?いつぞやのいなたいゲストのラジオでも「稲葉と光が来てくれてますけど〜」って言ってたけどそれ同一人物だから。そろそろ覚えよ!!ね!!


xx.帰還
地球帰りたくない〜( ; ; )アニバーサリー星移住する( ; ; )宇宙旅行楽しい〜( ; ; )


43.BLUE
青い地球に帰ってきて最初の曲がBLUEなの天才じゃない?
そうだー!!まだ俺達にはBLUEが残ってたー!!忘れてたー!!
ひっろい京セラドームを端から端まで4人1組で走るNEWS見てたら「あぁ〜この景色ずーっと見させてあげたいな」って思ったんですよね。また京セラ来れるように頑張ろうね!!ね!!
あと、走りながらブレずに歌い続けるNEWSの人達は歌がすごく上手い。


xx.W……?
多分NEWSのコンサート史上最高に「えぇ〜!?!?!?」ってどよめきで終わったコンサートだと思う。ブーイングとはいいません。さすがに。どよめきどよめき。NEWSくんたちはあの謎の文字列からヲタクが「WORLDISTA」を読み取れると思ってたのかな??無理があるわ。1ミクロンもわからんかったわ。

2月20日!WORLDISTA発売するよ!

ってなわけで全43曲!!最高の!!破格の!!宇宙旅行!!
43曲中MADEがついたのは28曲ということで。ほぼ半分じゃねーか。本当にNEWSはジュニアをよく使ってくれる。お姉さん嬉しい。ジュニアを1人の出演者として、自分達と同等レベルで扱ってくれるのはNEWSぐらいなんですよね。信頼されてるんだな〜って嬉しくなっちゃう。

Jr担としてNEWSのコンサートを見るようになって7年が経った。つまり、MADEとNEWSがそれだけの時間を過ごしてきたということ。7年。お互い何も無かったわけじゃない。苦しい時も、辛い時もあった。それでも、今同じステージに立っている。

MADEはまだ単独公演があるものの、MADE以外の子達はユニットでも無ければ、単独公演なんてあるわけがない。そんな子達がNEWSのコンサートでバックについている。彼らがスポットライトを浴びてステージに立つ限られた時間のひとつがNEWSのコンサートだ。だからこそ、歌唱曲の4分の3を後ろで踊らせてくれて、好きにやらせてくれて、ジュニア紹介でお名前もちゃんと紹介してくれるNEWSさんには頭が上がらないし、今後もどうかよろしくお願い致します(スライディング土下座)って感じ。

私は所詮たった4万5000分の1の金色の光だ。うちわに書いた誕生日のお祝いが大河くんに届いてるなんて思わない。
だけど、私が4万5000分の1であるように、大河くんは私にとってNEWSも含めた出演者の16分の1の大好きな人だ。あの16人の中で、私は大河くんを選んで京セラドームに足を運んだし、これからもきっと大河くんを選んでコンサートに足を運ぶ。

次のツアーももうすぐだな〜あと1ヶ月で始まるじゃん!?え!?NEWSずっとコンサートしてない!?すごくない!?楽しみだなぁ〜!!わくわく!!


MADEの人たちへ
NEWSのバックにつくなら早めにわかりやすく匂わせてください。
舞台頑張ろうね。
私より


お題「NEWS DOME TOUR 2018-2019 「EPCOTIA ENCORE」続・宇宙旅行記」

私と嵐の10年。

2008年4月。嵐と私が出会った日。
友達に「嵐って知ってる?」って言われて、家に帰って「お母さん、嵐って何?」って聞いたら当時のうたばんを見せられた。5人並んだ姿を見て、一番最初に「この人が好きだ」って思ったのが櫻井くんだった。
その日は「あ〜これが嵐か〜、彼は櫻井翔っていうんだな〜」って思って終わったんだけど、ずーっと嵐のことが頭に引っかかってた。
次の日起きて1番最初に思い浮かんだのは「嵐」だった。2番目は「櫻井翔」。
そこから先はよく覚えてない。気づいたらVS嵐も、ひみつの嵐ちゃんも、嵐の宿題くんも全部見てた。気づいたら「櫻井くん」のことを考えてる時間が長かった。一目惚れがこんなに続くと思ってなかったな。不思議。

 

2009年。嵐の10周年の年。多分私が初めて見たのは5×10のDVDだったと思う。そこで大河くんのことも知れた。大切な大切な年。私は応援して1年しか経ってなくて、5×10の意味がよく分からなかったけど、今振り返ると全部全部泣いちゃう。
名の通り嵐のような土砂降りの中やった国立競技場。駆け抜けたドームツアー。10周年は今思い出しても楽しかったな〜。今もしどこか過去に戻れるとしたら2009年に戻ってもう1回10周年を駆け抜けたい。
紅白に初めて出たのも2009年だったね。今ではデビューして1年経ってないのに出れるようなグループが沢山ある中、嵐は10年かかった。それが去年までずーっと連続で出て、司会までしてるんだから嵐ってすごいなぁ。

 

2010年。嵐にしやがれが始まった年。もうしやがれも9年もやってるんだね。毎年お正月にはSPをやらせてもらえて、ロケにも沢山行かせてくれて、たくさんのことを経験させてくれるしやがれ。ずーっと続いていけばいいな。小さな願い。
この年は僕と君の見ている風景のツアー。結構定期的に見返しちゃうくらい好きなツアー。国立競技場にこんなに何度も足を運ぶとも思ってなかった。
初めて紅白の司会をやったのもこの年。2回目の出場。すごいなぁ。トップスピードで「1番」を取りに行くんだね。

 

2011年。ワクワク学校が始まった年。震災があって、電力不足を考慮して、電源車の自家発電でまかなってた。ドームでとんでもないことするよね。嵐のおかげで笑顔になれましたって人沢山見たよ。

Beautiful World。嵐には世界がこう見えてるんだな、って素直に思った。嵐が見てる「Beautiful World」をもっと見ていたい。そう思った2011年。

 

2012年。アラフェスの年。国立競技場でとんでもないことやるな、それが最初の認識(笑)

ヲタクの投票でセットリスト組むとこうなるんだな〜って不思議な感じだった。そうか、嵐のファンはこういうのを求めてるんだって嵐も思ったかな?私も思ったよ。

私が面白いなって思ったのは「オレフェス」。要するに「でっかいカラオケ」(笑)。嵐が歌いたい曲を勝手に歌う企画。Green、Hey Hey Lovin' you、スケッチ、Kissからはじめよう。本当にセットリストに入れたくても入れれない曲が沢山あるんだ、って思った。沢山沢山ビックリさせてくれたコンサート。

Popcornツアーはとにかく可愛かった。嵐の可愛いって突き詰めたらこんだけ種類あるんだな!!みたいな。多分もっとあるんだろうけど(笑)。毎年毎年全然違う面を見せてくれる嵐。かっこいいなぁ。好きだなぁ。

 

2013年。Nコンの課題曲に「ふるさと」が選ばれた。嵐の曲が合唱曲として使われる。学校に嵐のポスターが貼ってあったのも記憶にあるな。NHK様々。ふるさとは今でもずーっと歌ってきて、大事にされてる曲だね。嵐の曲は嵐に、沢山の人に愛されてるな。

それから、嵐最後の国立。東京五輪に向けて改修工事に入るから、これが最後。みんなで聖火台に向かって「ありがとう」って言って国立に別れを告げた。6年間、楽しい思い出をありがとう。

LOVEツアーも楽しかったなぁ〜。5人それぞれの「LOVE」。「LOVE」にも沢山種類があるもんね。名の通り嵐からの愛を感じて、受け取ったツアー。

 

2014年。すごい個人的なことなんだけど、私が初めて嵐のコンサートに行った年。THE  DIGITALIANツアーが初めてだった。初めてDVDで見たコンサートが5×10で、初めて行ったコンサートが15周年のコンサート。偶然でも面白いな。

ピカンチの第3弾も公開されて、必死にチケットを取った。販売開始と同時にパソコンに向かったのあれが初めてだな。

あとは、3回目のハワイ。5人で戻る2回目のハワイ。ライブビューイングも外れて行けなかったけど、当日のお祭り騒ぎは今でも覚えてる。「嵐がハワイでコンサートをしてる」って事実をほぼ全国民が知ってたんじゃないかな、ってレベルで嵐の話しかしてなかった。

THE  DIGITALIANツアーは「5×15」って名前にならなかっただけあって、ハワイとはまた全く違う構成だった。15周年は嵐にとっては通過点なんだなって思った。これからもずっと嵐を見れるんだ、そう思った15周年。

 

2015年。ワクワク学校に生徒が来た。嵐は全員先生になった。後輩が来ると嵐が先輩風吹かせまくってるから、楽しいんだよね。意外な絡みがここで生まれたりして、チャリティー以上の意味を持つイベントになったなぁ。

「初心にかえる」っていう意味を持って全国を回ったJaponismツアー。一口に「日本」って言ってもこんなに捉え方があるんだ。嵐が初心に帰って私達に見せたかった「日本」は何度見ても飽きない。その「日本」は、嵐が作り出し、見せた「日本」だった。

 

2016年。9年ぶりのアリーナツアー。今まで私が見てきたアリーナ公演の限界を超えてきた気がした。アリーナがドームに見える。嵐のアリーナツアーはそんなコンサートだった。嵐ってすごいな。トップアイドルってすごいな。かっこいいな。

紅白の初大トリを務めたのもこの年。かっこよかったなぁ。嵐が大トリをする紅白。こんな景色が見れるなんて、初めて出た年には思ってなかったな。

Are you Happy?ツアーは、Japonismとはまた全く違って、とにかく自由なコンサートだった。つい3ヶ月前まで初心に帰るとか言ってたじゃん!?みたいな。自由だけど、作り上げられて、完璧に魅せられたコンサート。

「Are you Happy?」

嵐が私達にそう問うなら、私達はこう答えるしかない。

「Yes, I'm Happy!」

 

2017年。「Untitled」ツアー。つまり、「名前のない」ツアー。

何度も言ってるかもしれないけど、私はこれを「嵐が野望を隠さなくなったツアー」だと思ってる。内弁慶で、あまり表に野望を見せなかった嵐が初めて見せた強い思い。それがきっと「未完」だ。

「未完」をはじめて聞いた時に、鳥肌が止まらなかった。そして、嵐が怖くなった。この人達は一体どこまでいくつもりなんだろう。どこまで走っていくつもりなんだろう。

 

もしかしてゴールはもう決まったのかな。

 

実はこの時に少し感じた。でも言いたくなかった。本当にきまってしまいそうだったから。

 

2018年。20周年の重み。嵐が駆け抜けてきた20年、私が見続けてきた10年の重み。

ツアーはまだ続くからツアーのことを話すのは少し先にしようと思う。

前回のツアーから今回のツアーまでで、嵐の味方は嵐の5人しかいないんだな、と感じた。きっと彼らは5人しか信じていない。5人以外はみんな蚊帳の外だし、5人だけの世界を生き続ける。5人だけの世界を生き続けるために必要なのが私達だ。ならば、彼らが5人だけで生き続けるのを見届けたい。そう思わせてくれるツアーだった。

 

今日、1月27日。嵐の活動休止が発表になった。

出先で見て目頭が熱くなるのを感じて早歩きで帰った。隣でケラケラ笑いながら何かを言っている母親を横目に真っ直ぐ私の部屋に入り、動画を再生した。

涙が止まらなかった。呼吸が浅くなった。

2017年6月頃って私が違和感を感じ始めたときじゃん。いつか友達と話したときに「嵐の終りは、大野智が「終わりだ」って言ったときだと思う。」って言った。その通りだった。なんでわかっちゃったんだろう。なんで全部当たっちゃうんだろう。

 

いつかこんな日が来るんだろうな、ってどのアイドルを応援するにしてもずっと思っている。その発表は急だし、突然だし、受け入れ切れない時もある。だから、後悔しないように、応援する。それが私のヲタ活をする上で大切にしてることだ。

 

今の感情は正直まだ自分でもわかってない。不思議な感じ。納得はしてないし、受け入れてもない。受け入れたくもない。「大丈夫?」ってLINEが来てるのも知ってるけど、それに返事をする元気もない。誰かと口を聞く元気もない。今この文章を打ちながらも涙が止まらない。でも、世界は回るし、私は明日も学校に行かなきゃいけない。所詮世界なんてそんなものだ。

とりあえずはゆっくり気持ちに整理をつけながら、私も嵐と一緒にあと2年、駆け抜けたいと思う。2年後のことは正直想像できない。嵐がいない世界が想像出来ないのが事実。でも、きっと大丈夫。

次は何しようか

気にしないでいいから

嘘じゃない今までが教えてくれるから

だから今はもう一度

僕らから皆にありがとう

あと2年、沢山沢山嵐からの愛を受け取って、沢山沢山嵐に愛を届けたいな。

嵐 「5×20」1月11日MC 挨拶 覚えがき

⚠楽曲ネタバレ含みます。

 

櫻井「我々2019年一発目ですけど、どうですか?松本さん!」

松本「いやー始まる前は寒かったけど、今めっちゃ暑いっす。さすがにねぇ、1月だから寒いけど、今、私は、もう、暑いです。

櫻井「大野さんどうですか?」

大野「そうだねぇ、今年入って初めて汗かいた。」

櫻井「2019年一発目の汗!」

大野「そうだね」

相葉「いい汗かいてるね!」

櫻井「どうですか?二宮さん。」

二宮「リーダーも言ってたけど2019年1番最初の汗なんじゃないですか?割とお正月長めのお休みを頂いてたんですけど、動きは良いです。」

大野「あーわかる。軽いっちゃ軽いよね。なんでだろう、休んだからかな?」

相葉「年末の疲労が取れたんじゃない?」

櫻井「相葉さんどうですか?」

相葉「おれはあついとにかく。」

櫻井「見るからに暑そうだもんね。」

相葉「2019年1番汗かいたね」

4人「「「「だろうね」」」」

 

櫻井「今日があれなんですよ、2019年5人で揃うのは初めてなんですよ!だから、他のメンバーって……」

相葉「何してたかトークね?」

櫻井「ア゛っいいよ」

相葉「あっそう?ごめんね?」

 

櫻井「俺ね!……(相葉くん見ながら)ね!」

相葉「ん?……あぁ、ね!!」

櫻井「俺ら一昨日自主練してるんですよ」

相葉「そう、自主練組だから」

松本先生「素晴らしいね!素晴らしい!」

二宮「やっぱやった方が良かったなって感じでした?」

櫻井「いやー完璧ですよね?」

松本先生「いや、相葉さんI'll be there普通に間違えてましたけど。」

相葉「……はい?間違ってた?間違ってたことすら気づいてないんだけどちなみにどこかな今後の参考にするから!」

松本先生「サビサビ。俺ら(4人)が後ろにいて、相葉さん1人前にいて……ってとこ、振り間違ってましたよ。」

相葉「うそだよぉ!目の前の闇〜♪(踊りながら振り付けを確認する泣き虫)」

松本先生「あぁ、あってるわ」

相葉「ほらあってるじゃん!!!!!💢💢」

松本先生「いや、本当に違ったよ?」

二宮「言っとくけど、結構な確率で間違ってるよ?

相葉「間違ってるのに気づいてないわ……」

二宮「でも間違ってないって思ってるんだろうね、元気よく踊ってるんだよね。」

櫻井「あるよね!後ろで4人でさ、相葉くん1人だからさ、「あー相葉くん今日元気だなぁー」って!」

相葉「認識はあってるんだけど、テンション上がって違うとこいってんのかもね?」

 

櫻井「今同い年じゃん我々(櫻葉)。36歳組なの。」

相葉「ギリギリ」

松本「一月限定のね」

櫻井「12月24日から1月25日までタメなの。」

相葉「1つおじさんだから。」

櫻井「…………ん??」

相葉「1ヶ月だけおじさんだから。」

櫻井「お兄さんな💢💢💢💢💢💢」 

 

櫻井「ご飯行ったの。自主練終わりに。」

二宮「あーなんか行くって言ってたじゃん」

櫻井「どこのMCだっけな?約束したじゃん。」

二宮「ザギンに行くって言ってたじゃん。」

櫻井「いや、ザギンには結局行かなかったんだけど、近場でサクッとご飯してね。」

相葉「櫻井くんが(お店を)取ってくれたんだけど、すごいよね、このおじさんは本当すごいよ

櫻井「お兄さんな💢💢」

相葉「お店がさぁ、しっかりしたお店だからさぁ、ドラマで見るような……なんて言うんだろうなぁ〜ちゃんと畳で、日本食屋さんで、お蕎麦屋さんなんだけど。女将さんがいてガラガラ(襖開ける)みたいな。そういうお店ってなかなか行ったことないのよ俺は。なんかこのドラマで悪いことが大人達が始まりそうな!!俺も気軽に行っちゃったからジャージっぽくて……」

櫻井「いや全然大丈夫っしょ?」

相葉「それだったら俺もスーツで行ったし!

櫻井「スーツは嫌だな」

相葉「悪いことも考えたし!」

櫻井「いやいいよ考えなくて」

 

松本「俺も昨日家で一人で自主練してたの。さすがに(東京から大阪まで期間)開くじゃん?俺も今人の事言っときながらI'll be thereの振付とか全然覚えてなくて、家で映像見てたの。そしたらリーダーからなんか連絡があったからとりあってて、「ヤバいぞ、油断するとやられるぞ」って。それで「俺も今からやる」って言ってそれぞれでやってた。」

櫻井「大野さんも昨日自主練したの?」

大野「おれは寝る前に妄想……妄想じゃねえや。イメージトレーニングした。」

相葉「イメトレでいけるんだ……」

松本「イメトレで上の方から順番にやっていくの?踊りで行くとStep (and go)やって、Find (the answer)やって……」

大野「なんかさ、確実に間違えないのってあるじゃん?俺Step絶対間違えないから、Stepはもう飛ばして、I'll be thereの相葉ちゃんが前で踊ってるところとか……そっからかな?」

櫻井「そういうことで言うと俺ら(櫻葉)踊りとかじゃなくて、ちゃんと1曲目感謝カンゲキ雨嵐からやった。

松本「そのリハーサル何やんの?」

相葉「ゴンドラ乗ってます、降りてきます〜って。」

櫻井「手振って。」

松本先生「そこ端折れるでしょ?」

櫻井「ちゃんとやったよねー、位置まで。言葉より大切なものとか俺と相葉くん2人で(ムビステで外周)回ってるじゃん?狭いリハーサルスタジオでずーっと2人で回ってた。

 

相葉「なんかさぁ!今日リーダーがテンション上がったのか知らないけどさぁ!」

大野「うんあの、あれは、俺が悪いわごめん」

相葉「Step and goでリーダーのソロの後俺のケツを触ってきて!!どうしたんだろうって!!」

大野「……これは大変だ.+*:゚+。.☆」

相葉「テンション上がったんすか?」

大野「……聞いてくれる?その前に、松本さんが俺のケツを触ってきたわけ。」

相葉「じゃあ松本さんに返せばいいじゃん。」

松本「それはもう毎回よ。16公演中15回はやってる。1回はそういう焦らしも入れた方がいいかなって。

大野「そんなにやられてて俺もその……キツかったの。だからやりたくやっちゃったの。」

相葉「だから俺もやり返そうと思って、おケツいっても芸がないなって思って……前の方行こうと思ったけどさすがにまずいなって思って」

大野「変なとこ撫でたよね?」

松本「あの短い間にどんな攻防してんすか?」

 

二宮「テラフォーマーズを1巻から読み直した。」

櫻井「テラフォーマーズってなんだっけ?山Pが映画やってたやつだっけ?」

二宮「そうそう。あれが今俺の手元に22巻ぐらいまであって。流石にそんな長いと忘れちゃってるじゃん?で、ちょうど長い休みもらったから1巻から読み直して、なんかテンション上がって、山Pの映画見た。

櫻井「あれだって3・4年前ぐらいじゃないの?」

二宮「2019年最初に観た映画だわ。あとは領収書の整理。

大野「あっ、俺ね、グレイテストショーマン見た。」

4人「「「「やっと?」」」」

大野「俺流行りに乗るのがちょっと抵抗があるから。DVDで1人で見た。めちゃくちゃハマった。」

松本「だから言ったじゃんハマるよって」

二宮「みんなが熱い時期に見ればみんなで話せたのに」

相葉「映画館で見なよって言ったのに」

大野「1日マジで暇で5、6回見た。10時間ぐらい。This is me。

 

櫻井「5×20ということで色んな形で皆さんに感謝の気持ちを届けられたらなって思ってるんですが、今日は!松本さん、お願いします。」

松本「ワタシ?」

櫻井「アナタ。」

松本「そうなんです。」

櫻井「……私が変なおじさんです。」

松本「違うんだよ!変なおじさんじゃないんだよ!なんの中身もないな!あのー……そうなんです。」

4人「「「「私が変なおじさんです。」」」」

 

松本「あのね、みんな電子チケットで入ってくれてて、昔みたいに綺麗な色のついた印刷のものじゃなくなってきてるんで、折角だから20周年だし、みんなの記念に残るものにチケットがならないかなぁって考えて。デジタルチケットになったことを機にですね、今日のこの回だけの写真っていうのを毎回毎回撮ってて、それをFCの皆さんが自分の番号を入れると……例えばここだったらアリーナB7?B7?違う?うん、B7ね、はい。B7の何番って打ち込めるようになってて、それがチケット代わりになって僕らの写真が届くようになるんで、メールが届くと思うんで、もし良かったら記念に、ゲットしてください。」

櫻井「毎回違うの撮ってるから、今日だけの写真が届くようになってるから、本番前に撮ったんだよね。」

相葉「見てもらう?」

松本「今日新年っぽいよね。」

〜お写真出される〜

櫻井「なんで新年っぽいんだろうな。」

松本「前向きな5人だね。」

櫻井「記者会見みたいだな。」

 

松本「「永遠のニシパ」ってドラマやります。去年の夏から撮ってて、まだちょこっと撮影が残ってたりして。」

大野「えっまだ残ってんの?……大丈夫なの?

松本「大丈夫だよ?」

大野「あと何カット残ってんの?」

松本「何カットっていうより、ワンシーンツーシーン残ってんの。」

大野「……それは大変だ……」

松本「コンサートの打ち合わせはじまるまで撮影してて、撮り終わって打合せして、11月から本番で〜って感じでしたね。」

大野「じゃあ……怪我しないようにね。……なんか出来ることあったら言ってね。

松本「わかった、連絡するわ。」

二宮「もう城島くんじゃん。」

 

櫻井「大野さんお知らせいいですか?」

大野「いいですか?みなさん、なんと、今日は……11月11日。

4人「「「「……え?」」」」

松本「1月です。」

櫻井「もうダメです。」

大野「1月1日!」

相葉「それ光一くんの誕生日。」

二宮「今日は松岡くんの誕生日って言いたかったんですね。」

大野「そう!」

二宮「後で謝っといてくださいね。」

大野「松兄おめでとう!」

 

二宮「僕はですね、ブラックペアンのDVDと検察側の罪人のDVDが出ますので、もし興味がある方は、よろしく、お願い、致します。」

櫻井「だって検察はね、年末にも受賞してたじゃないですか!」

二宮「あーありがとうございます!」

櫻井「主演?助演?」

相葉「女優?」

二宮「違う違う、第43回報知映画賞助演男優賞二宮和也です。

櫻井「助演男優賞が?」

二宮「第43回です。」

櫻井「アカデミー賞が?」

二宮「第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の二宮和也です。」

櫻井「加えて紅白は?」

二宮「第68回NHK紅白歌合戦白組司会の二宮和也です。」

 

櫻井「相葉くんは?」

相葉「俺の?近況?……あの、凄いびっくりしたんだけど、俺の中学の同級生がYouTuberになってて。実家に正月帰ったから会いに行って、なんかその……本物だぁ!って思って、握手して一緒に写真撮ってもらいました。それが僕のお知らせです。

櫻井「同級生と写真撮ったっていうお知らせ?」

相葉「そう。同級生。同じクラス。俺もなんか適当に見てて、ヒットして……あれ!?これ同級生じゃない!?って、そういうのある?あるでしょ?ない?同級生YouTuberじゃない?」

磁石「「ないよ」」

 

櫻井「皆さんのおかげで白組優勝することが出来ました!!」

にのあい「「おめでとう!!」」

櫻井「これで私も言えます。第69回NHK紅白歌合戦白組司会、優勝しました櫻井翔です!いやーあれは嬉しかったわ。だってさ、審査員票は赤なわけ。」

二宮「2:9ぐらいだったね。」

櫻井「そう。そんなに少ねえか!?ってぐらい。で、会場が白だったんだよね。さぁどうなるか!ってところで。だからー白に投票してくださった皆さんのおかげで勝てたんだと思うよ。二宮さん、あれ嬉しいもんっすね!」

二宮「嬉しいよね。だから今ここ3人(櫻井二宮相葉)司会やってるけど、相葉くんだけだからね優勝旗持ってないの。想像の10倍ぐらい重いからね。これ持った人にしかわかんないごめんなさぁい♡

相葉「あの旗は俺が思ってる10倍重たいのか」

二宮「あれただの旗だと思ってるでしょ?激重だからね、ねー♡

櫻井「ねー♡

相葉「なんで重いの?気持ちが入ってるから?」

二宮「それは勝ってからァ!!」f:id:stormsho0125:20190112180101j:image

(これぐらいのお顔してた)

 

櫻井「いやー良かったよ」

相葉「うん、良かったネーいいんじゃない?」

二宮「冷た!!!!!」

櫻井「相葉くんが出てもらったのは〜」

相葉「小平さん?」

櫻井「そう、メイガスね。」

二宮「メイガス!メイガス!嵐のメイガス!」

相葉「水森さんね」

二宮「なんか「メイガス」ってすごい言いたくなるね〜ってリハーサル室で話してて正月ぐらいにずっとメイガスメイガス言ってたんだけど誰からも反応が無かった。」

櫻井「あの瞬間はジーザスのテンションでメイガスって言ってたんだけどね。

相葉「楽しかったね」

二宮「楽しい紅白だったね」

3人「「「ありがとうございました!」」」

 

最後の挨拶

・櫻井くん

皆さん本日はありがとうございました。上の上の方から端の端の方まで、満員御礼。ありがとうございます。いや、すごいよ?こっちから見てると。あれ、京セラってこんないっぱい人いたかなぁ?ってくらい。いたんだね。いや本当にすごい景色。なんか、One Loveのときかなぁ、「LaLaLa〜」ってみんなが手振ってるの見て「あぁ、これが見たくて嵐やってんだよなぁ〜」って思ったし、「ここに立ちたくて13歳の時に履歴書送ったんだなぁ〜」なんてしみじみ感じてしまいました。本当に絶景です、ありがとうございます。

20周年の「5×20」ってツアーなんだけど、「5×5」から始まりました。これは5と5で並びがよかったのかもね。そのときから応援してくれてる人もいるよね、ありがとう。個人的には大学卒業するタイミングで、嵐としては24時間テレビ初めてやらしてもらう年でした。

そこから5年経って「5×10」10周年迎えられてよかったねー、こんなとこまでこられたねー、しかも国立競技場で10周年お祝いしてもらって。あれ凄いんだよ、同じだけど1曲目感謝カンゲキ雨嵐。すごい高いところに吊るされてね。すっげえ怖えんだから。DVD出てるから知らない人いたら買ってみてね。

そっから時間経って5×……15か、あのときはハワイでしたね。

そっから5年経って今「5×20」この5×のもう一個の数字がどんどんどんどん増えていく。これすごいことだなって思う。だけどその一方の左側の「5」っていう数字がずーっと変わらずにあるっていうのが僕にとっては大きな誇り……自信……宝物だね!宝物かなって思ってます。

大野、櫻井、相葉、二宮、松本。これ年齢順ね。この5人の中にはゴメンだけど誰もいれられない。どうしても5人じゃなきゃダメだって思ってる。だけどその5人の周りには、こんなたくさんのファンのみんな、そして色んなところで僕らを支えてくださっている関係者の方々、そして僕らにとっても近い場所で支えてくれている僕らにとっても近いスタッフのみんな。そんなみんなのおかげでこの「5」っていうのが変わらずにあって、その横の数字がどんどん積み重なってきたのかなって思っております。

好きですよ、「5×20」のロゴ見るの。嬉しいから。何回も見返しちゃうよね。そんな気持ちにさせてくれて、こんなところまでみんなが連れてきてくれて、こんな景色を見られるようにしてくれて、心の底から感謝しています。ありがとうございました。

 

・大野くん

本日はどうもありがとうございました。もう2019年になりましたが、まぁ僕らデビューしたのが1999年、まさに20年。なんか信じられないっすね。僕らもデビュー当時は2019年の想像なんて出来なかったし、自分が18でデビューして38歳の自分も正直想像もしてないし、想像出来てたとしても30歳ぐらいまではなんとなく想像してたかなーっていうのは覚えてますけど、その先はさすがに想像出来なかったですね。

でもこうして20年前にこの5人でグループ組んで、そこで初めて自分の中でこの世界に入った感じがすごくして、「あっ、これが大人の世界なんだな」ってあのときにはじめて感じました。

そこからこの5人で何が出来るのか、この5人で組んでなんの意味があったのかってすごい思ってましたけど、この20年間でその意味を作れたんだなぁって改めて今思います。

なんか不思議だなぁって思いますね、やっぱ。なかなかこういう5人出会うこともないと思うし。相葉ちゃんに関してはデビュー前に喋ったこと無かったし。普通は「友達になろうよ」みたいので始まるけど、「はい、この5人でいきます」で始めて喋るって、人生であんまり無いし、でも20年いるし。もうなんかよくわかんないなーって感じではあるんですけど。

でもこの4人じゃないと来れなかったんだろうなって20年経って思うし、なんてこんなにも優しい4人なんだろうかって思うし。昔はまだ自信もなかったし、すれ違いとかも多少あったんだろうけど、もう20年経つと何にもないんだよね。顔見るだけで感動するんだよね。そんなことないよねなかなか。でもそれがやっぱり20年で作ってきたのかなって。ただ単におじさんになっただけなのかもしれないけど。

なんせ僕はずーっとこの4人に支えられてきたなってものすごく感じてるし、だからやっぱり口に出さなくても感謝してるし、だから顔みただけでグッときちゃうんだろうなって思うし。

今ここにたってるのもそうだけど、これだけの皆さんが見に来てくださっていて、なんかすごいなって思います。もうみんな30半ばですよ。ただの中年のおじさんがワーキャー言ってくれることってまぁ無いと思うんだよね。それってみんなが優しいからできることなんだよ。内心思ってる人もいると思うけど、でも来てくれるじゃん!それは優しさだからね!それが非常に嬉しいです。

みんなが見守ってくれるから、僕らはこうして堂々と立ててるし、今まで大きな怪我もなく今日まで来れてるんだなと、すごくそれを感じてずっときましたね。なので、今年、長いツアーになりますが、見守っていてください。そしたら多分僕ら、乗り越えられますから。本当に今日は皆さんに会えて本当に嬉しかったし、楽しかったです。本日はどうもありがとうございました。

 

・相葉くん

皆さん本日は本当にどうもありがとうございました。20年かぁってしみじみ感じながらやらせてもらったライブです。さっきリーダーが話してて僕もちょっと思い出しました。1999年にハワイでデビュー会見をしたんですけれども、その三日前ぐらいかな?僕が1番最後に招集がかかり、割と出来上がってる中に入っていくって言うのは、すごく不安な部分も沢山ありました。で、ハワイに行きまして、ほかの3人は買い物かなんかに行っちゃってて、僕とリーダーがホテルの部屋に残ってて、「じゃあラーメン食べに行こうか」ってリーダーが言ってくれて。なにせあまり喋ったことがないんですから、ちょっと気まづいなって思いながらもラーメンを一緒に食べたことも思い出しましたし、そのときに会見で全然喋れなかった当時ジャニーさんに「Youのセリフは、「世界中に嵐を巻き起こしたい」これだけを言いなさい。何を言われても「世界中に嵐を巻き起こしたい」それだけを言いなさい。」って言われて。それだけを練習して、それ1本で臨んだ会見で。そっから始まったこの嵐。

今でこそシングルは56枚出させてもらってますけれと、嵐のA・RA・SHIが1枚しかでてなくてコンサートをやらしていただけるってなったときに、まぁ曲がなくて。今でこそ「何やる?」って贅沢な悩みで選ばせて貰えるものが、当時は何も無くてね。嵐のA・RA・SHI、3回歌いました。普通バージョン、パラパラバージョン、ちょっといい感じバージョン。そんなのも思い出したし。

でも、本当に楽しいことだけじゃなくて、やっぱり苦しいことも悲しいことも辛いことも、ほかの4人がいるから今が迎えられているというか、そのときに本気で足掻いて助けてもらって、どうにか必死でもがき続けたから、きっと今この場所に20年目で立ててるんだろうなって。この4人にはすごく感謝してるし、何より1番はみんなが来てくれるからいろんな景色を見せてもらってると思うと、本当にみんなにはいつも感謝していますどうもありがとう。

僕は自慢出来ることとか、誇れることとかは何も無いんだけど、唯一あるとすれば、この4人に恵まれて、この4人に出逢えて、この4人と一緒に活動できてること、それだけは誇りに思ってます。

And moreも発表されました。今年1年は凄まじいスケジュールです。どうかみなさん、またこうやって楽しい時間を過ごせたらなあと思いますので、みんなで一緒に楽しみましょう。本当に今日はありがとうございました。

 

・二宮くん

皆さんありがとうございました。

人間ってすごいなって思いました。僕は今日が仕事始めなんですね。ってことはですよ、10日座ってたんですよ。そんなことできます?ずーっと座って、1巻から読み返してテレビみて「へー」なんて言って。ずーっと座ってました。なんなら本当二宮、2019年で初めて立ちました。って言っていいくらい本当に座ってました。そんな人間が「よーいどん」でこんだけできるってすごいなって思ってます。二宮がいちばん感動してます。

僕楽しみにしてました。ずーっと家で自分の好きなことしてたんだけど、やってる内にこの日が近づいてくるわけで。あぁあと何日でコンサート、あと何日でコンサートって、微妙に違うかもしれないけど、来てくださってる皆さんと同じように指を追って数えてました。それでこの日が来て、今年がスタートして、僕の中では初めての仕事なんで、5人でスタートを切って、みなさんと一緒に想いを共有出来て、亥年で、イノシシナインとして非常に誇らしいです。

みんなでこうやって正月顔合わせて「みんな元気だったんだねよかったね、今年も頑張っていこうね」なんて話がこういう形で出来るっていうのは僕らにとっては本当にありがたい話ですし、何よりも皆さんが来ていただけなければ叶わないことですし、本当にありがとうございます。

僕は20年の嵐の思いっていうのはみんなと同じで、聞いていて「やっぱり私も嵐だったんだな」って再認識したし、なんかすごくいいスタートをきれたし。そしてまた我々は戻ってきます。次は激アツです(次の大阪公演は8月)。体調壊さないように頑張っていきましょう。季節はちょっと過ぎるかもしれないけどまたこうやって会えると思うと、僕らも色んな形で頑張っていけると思うし、またたくさんの思い出を携えて戻ってきたいと思うし、その時はみなさんまた遊んでやってください。本日は本当にありがとうございました。

 

・潤くん

みなさん楽しかったです今日は。来てくれてありがとう、楽しい時間をありがとう。4万5000人に祝っていただける。すごく贅沢だな、と思います。

前にも少しWebの方でも書きましたが、20周年の記念のツアーということで、懐かしい昔のTシャツを着てる人とか、昔のタオルを巻いてる人とか、そういう人を見ると「あぁそんとき来てくれてるんだな」って、一緒に時間を過ごしてきたんだなと改めて強く思いますし、その時のライブのことを一瞬にして思い出したりして、「いい20年を送ってくれたんだな」と思います。それも皆さんに支えられ、いろんな出会いがあり、そして今僕達はこうしておかげさまで20周年を迎えることができました。

いやーすごいね、こんなにいろんな景色を見てこれると思ってなかったから、本当に幸せだなと思います。本当に今までありがとうございます。

2019年入りましたが、11月3日がデビュー日なんで、まだまだ時間があります。ツアーも今日入れてあと35公演あります。まだまだ走っていこうと思います。

櫻井翔相葉雅紀二宮和也大野智。この5人でまだまだ見たい景色があるんです。まだまだ皆さんに見せたい景色があります。これからも僕らにお付き合い頂けたらと思います。本当に今までありがとう、そしてこれからもよろしく。

大河くんの未来に幸あれ

大河くんが今年もステージ上で誕生日を迎えた。今年は4年ぶりに東京ではなく大阪での誕生日だった。マイクを持って「僕、たった今23歳になりました!」とにこにこ先輩達の前で宣言してから4年、彼は一回りも二回りも大きくなって京セラドームのステージに立っていた。

 

26歳は大河くんにとってどんな歳だったかな。色んなことがあったけど、楽しかったかな。楽しい!って胸張って大河くんが言えてるといいな。

私はね、26歳の大河くんにいっぱい笑顔にさせてもらったよ。26歳の大河くんもハイパーかっこよかった。それでもって、今日27歳になった瞬間の大河くん見てきたけどやっぱりハイパーかっこよかった。大河くんはいつの時代を生きてもかっこいいな。

 

25歳最後に出た番組はジャニーズカウントダウンコンサートで、26歳になって最初に出た番組はジャニーズカウントダウンコンサートで、26歳最後の番組がジャニーズカウントダウンコンサートで、27歳最初の番組がジャニーズカウントダウンコンサートって、大河くん本当ジャニーズを愛しジャニーズに愛されすぎてて辛い。今年は大阪だけど中継入ったから今年も同じじゃん。超かっけえ。好きだなぁ。

 

最近よく「大河の何が好きなの?」と聞かれる。何かと言われたらわからない。わからないけど好き。多分、細胞レベルで好き。大河くん見たら全身がぞわぞわってなってきゅんきゅんしちゃう。一挙一動に心がときめく。恋する乙女かよ。

 

大河くんはいつも私に色んな顔を見せてくれて、考えてることをたくさんたくさん教えてくれる。「どんなのが見たい?」って聞いてくれるし、求めるものを表現しようとしてくれる。大河くんを好きでいると、素敵なことばかりがおこる。

 

EPCOTIA

今年もNEWSのツアーにバックJrとして全国を帯同して回ったMADE。これで6作のNEWSのコンサートのバックに着いたことになる。NEWSとMADEが深い深い信頼関係で結ばれいて、これからもずっと頼り頼られの関係性なんだろうな、そうあってほしいな、と思う。

「EPCOTIAライナーの搭乗員」今年のMADEの役割はこれだった。搭乗員がいないと成り立たないEPCOTIAライナー。それはMADEがいないと成り立たなかったEPCOTIAツアーのことだ。

何曲か、大河くんが助手について(なんだったら若干メインで)振付をした曲もあるだろうな、と思う。NEWSと共に作り上げた 6作、そしてMADEとしての単独公演を通してNEWSチームから信頼を得たのかなと思う。はぁ大河くんかっこいい。今大河くんのことを考えてスマホの下書きに1文字1文字打ってるだけなのに心がルンルンだもん。楽しい。

 

コインロッカー・ベイビーズ

出演を勝ち取った大河くんは、確実に「コインロッカーベイビーズに必要だ」ったよ。

自担が出演する外部の舞台は、これが初めてで、前日の夜も当日の朝の電車も座席について幕が開くまでもずーっと私が緊張してたな。でも、一番最初に「降ってきましたねぇ、雨ですよ雨」と、タクシーの運転手としてのセリフを言った大河くんを見て、少し安心した。私はこの人のこの演技を見に、ここまで来たんだ。そう思ったらすごく心が落ち着いた。大河くんってすごいな。

正直、コイベビの稽古ってすごい厳しいって聞いてたから、大河くん大丈夫かな〜って思ってたんだけど、いざ本人のブログ読んだら「たくさん勉強してる!楽しい!!」って言ってて、私の好きな人めっちゃタフやーん……ってなった。ちなみにのぶちゃんは聞いてた話通りちゃんと病んでたからやっぱり大河くんが異常にタフだった。大河くんの仕事に対する姿勢と熱量と執着を知った舞台だった。

 

Summer Paradise 2018

 

MADEの2018年最初のコンサートであり、10周年のアニバーサリーコンサートであり、MADEがMADEだけで過ごす初めての夏だった。

サマパラが発表になったときは、個人的に(というか多分MADE担は大体分かると思うんだけど)某魔の6月の色々あった(察して)次の日に発表になって、あぁ神様はちゃんと見てくれてるな、と思った。

初めての東京ドームシティホールに、初めてのうちわ、オリジナルグッズ、夏、10周年。たくさんのことが重なって、発表になってからずーっと道行く人に2万円配りたいレベルで浮かれてた。そんなことしないけど。

朝イチから友達とグッズ列に並んで、「秋山くん○個」って言う瞬間がこの上なく幸せだった。なんかこう、大河くんのヲタクしてる〜!(拳突き上げ)って感じだった。

リハーサルはきっとコイベビの稽古と公演の合間の少ない時間でしか出来なかっただろうし、公演中には健翔がHGK(1人でぎっくり腰)になるというハプニングもあったけど、誰にも文句を言わせない完璧なコンサートだった。お客様満足度ナンバーワンのセットリストに演出や構成、突然のハプニングにちゃんと対応した上で、「次」の約束をしたMADE。過去最高がまた更新された。手を繋いで「ありがとうございました」と叫ぶ4人の輪の中にいる大河くんは、一際輝いて映った。

 

テレビ朝日ドリームフェスティバル2018

NEWSが結成日の次の日に出れた初めてのフェスにMADEを筆頭にたくさんのジュニアを連れて行ってくれた。MADEのファンとしては、このドリフェスがHGKだった健翔の完全復活の日で、私は飛び跳ねて泣いた。情緒が安定してません。

この日は記念すべき「秋山さん」誕生の日で、「秋山さん」の話が出た瞬間にヲタク一同秋山さんを探しまくった。ちなみにこれのこと。

f:id:stormsho0125:20181230130704j:image
f:id:stormsho0125:20181230130752j:image

NEWSが「ジャニーズ」を背負ってフェスに出るときにMADEも連れていってくれたのがものすごく嬉しかったし、1ヶ月ぶりにステージに立つ大河くんはすごく輝いていた。大河くんがいるべき場所はステージだなぁって改めて思った場所。

 

ジャニーズ伝説2018

今年で3年連続ABC座に出演したことになる。今年バラされたことだけど、MADEの人達は去年の公演が終わってから「来年もあったら出たいです!!」って偉い大人の人達に言いに行ったらしい。可愛い。時代は直談判。来年も出ようね!!

今年は大人の事情でどう頑張っても円盤化出来なさそうなので、この公演は名の通り「伝説」のジャニーズ伝説になった。そんな公演にMADEが出れたことが本当に本当に嬉しいなぁ。

MADEの人達とA.B.C-Zのお兄さんは去年辺りから急激に仲良くなってて(特にいなたい)、今年のジャニーズ伝説でもめっためたに絡んでるし、Webでも仲良しアピールしてくるしで、ヲタクは翻弄されまくってた。郁人は秋山担の敵。多分生まれかわっても仲良くなれない。ちなみに郁人担と「郁人なんなんですか!?」「先に声掛けてきたのは大河でしょ!?」ってやりあってたら、その日に大河くんと郁人は横浜デートしてた。適わない。今後も美味しいご飯連れて行ってあげてください。

Tonightを「今回はかっこよくやりましょう」って言ったのが大河くんだとわかった瞬間に各方面のヲタクから一斉に感謝された。表を上げよ。その足でジャニーズショップに行き大河くんの写真を買うのだ。

私は元々このジャニーズ伝説っていう舞台が好きで、今年もすごく楽しみにしてたんだけど、やっぱり「伝説」になるだけあって、とんでもなかった。いやー本当楽しい。この舞台にMADEが、大河くんが関われてたことが本当に、本っ当に嬉しい。来年もやろうね!

 

5×20

私は大阪公演に行く予定なのでまだ見れてないけど、大河くんが超ウルトラハイパーカッコイイことだけは聞いた。

個人的に私がMADEのことを知り、大河くんのことを好きになったのが5×10ツアーだから、今回の嵐のツアーは嵐のファンとしても、大河くんのファンとしても、少し感慨深いものがあった。

2014年、KAT-TUNの単独カウコンが行われた京セラドームで初めてリフターに乗ったMADEは、2017年に東京ドームでもう一度MADEだけのために用意されたリフターに上がった。そして2018年、今までは下から見上げていたムービングステージに乗ることが出来た。あれ?デビューじゃね?してないの?本当に?してないのにリフター乗ったの?じゃあ来年デビューするでしょ。

まだ見てないからなんとも言えないけど、やっぱり嵐の20周年という大きな節目の年に、MADEが関われて、ステージに立てたことがものすごく嬉しい。今後もご贔屓願います(スライディング土下座)。

 

26歳の大河くんを、2017年の大河くんを、大まかにステージ上に上がっている時間だけ思い返して書いてみたけど、全部に通して「楽しかったなぁ」って感情でいっぱいだ。時々嬉しくて笑うこと、悔しくて泣くこともいっぱいあったけど、やっぱり大河くんのことを考えると笑顔になれるし、胸がドキドキするし、頑張ろうって思える。

MADEのジャニーズWebの連載は、今年で2年目に入る。毎週火曜日に更新されるMADEにおまかせを楽しみに1週間学校に行ってると言っても過言ではないレベルで、MADEにおまかせが大好きだ。

大河くんの文章はいつもたくさんの愛と、笑顔に溢れてる。きっと大河くんは色んなこと考えながら書いたんだろうなぁ〜ってニコニコしちゃう。「愛してるよ」って言ってくれないし、写真は誰かの更新のおこぼれでしか見れないし、自撮りなんて本当に載せてくれないけど、大河くんの文章はいつ見ても私達への愛と感謝に溢れてる。

 

いつか大河くんは「みんなのパワーはすごい。力になってくれて、支えてくれて、MADEを笑顔にしてくれる」って言ってくれたけど、逆だよ。MADEがいるから、MADEがそこにいるから、力になりたくて、支えたくて、MADEの笑顔が見たいんだよ。MADEには届いてたんだね。嬉しいなぁ!

 

27歳になった瞬間は稲葉の作ったデニムの衣装を着ていた大河くん。京セラドームにいる約5万人にお祝いしてもらって「27歳になりました!」ってニコニコ報告した大河くん。こんな素敵な年越しで誕生日だと思ってなかったなぁ〜、誕生日に2回もコンサート出来るんだよ?すごくない?

 

大河くんは2019年を、27歳をどんな1年にしたいかなあ。大河くんが幸せでニコニコ笑っていられたら私はそれで十分だよ。これからも大河くんの進みたい道をどんどん進んでいってください。しんどくなったら立ち止まって周りを見てね。1人じゃないよ。大河くんのことをちゃんとわかってくれてる人が絶対にいるよ。

 

いつも私たちにたくさんの愛と感謝をくれる大河くんに、今日は私から言わせてください。

大河くんからたくさんのパワーをもらってます。いつも笑顔をくれてありがとう。大好きだよ!

お誕生日おめでとう!


"本気"と書いて"マジ"と呼ぶ男 - 関西ジャニーズJr.LIVE2018 Fall in love〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜

この瞬間が永遠に続けばいいのに。

コンサートが終わる度に私は思う。

2018年11月4日、関西ジャニーズJr.の初めての梅田芸術劇場公演が幕を閉じた。私の自担は11ヶ月ぶりに「関西ジャニーズJr.」としてのコンサートに姿を表した。いないと思いこんでチケットを取ったら、次の日ぐらいのかんじゅ日誌で「出まーす!!」って言ってて友達に泣きながら電話した。林真鳥が関西ジャニーズJr.のコンサートに帰ってくる。それは私にとって、関西ジャニーズJr.にとって、大きなことだった。

 

正直、ここ数ヶ月真鳥くんの話をする機会は多くはなかった。って言うかほぼしてなかった。誕生日のお祝いは一日中してたけど、それ以外は基本話してなかった気がする。大河担でしょ?と言われる機会も増えた。いや大河担なんだけど。まわりの関西担も何人かは「関西ジャニーズJr.」としての自担の活動がないことで担降りした。ちなみに梅芸で全員帰ってきた。ウケる。みんな、自担は松竹座じゃなくて梅芸にいたよ。

 

彼が留学してから「関西ジャニーズJr.」のコンサートに出るのは2回目だった。11ヶ月前の大阪城ホールのコンサート。残念なことに私は行かなかったので、彼がNYとLAにダンス留学してから彼が踊るところをちゃんと見るのは初めてだった。

 

1曲目からステージにいて踊り出した彼を見て、真鳥くんの立つべきステージは「誰かの後ろ」じゃなくて、自分達がメインのコンサートなんだということを思い出した。私は1列目で踊る真鳥くんが大好きだった。Jr紹介で関西ジャニーズJr.の1列目で、客席から1番近い場所で踊る真鳥くんが最高にかっこよかった。あぁこの人が自担だ。そうだ、私は真鳥担だ。そのときに改めて思った。しばらく持っていなかった「真鳥」の団扇を握りしめて、私は彼の姿を目に焼き付け続けた。

 

私の好きな真鳥くんは何も変わっていなかった。誰かの肩に手を置いていないと落ち着かないところも、すぐ誰かのこと食べようとするところも、フリーダンスでする動きも、すぐ末澤に絡みに行くところも、ショタ大好きなところも、いわゆる「Jr振り」はふわっと振り入れしてるところも、自分のヲタクを見つけ出すのがとんでもなく早いところも、自分のヲタクには死ぬほど丁寧にファンサするところも、手が空くと片手でリズムを取るところも、何も変わっていなかった。変わったところがあるとしたら、確実に成長したダンスと歌だった。

 

LET ME GO。夏の松竹座で私が一目惚れした曲だった。向井康二室龍太の2人で歌い踊るこの曲。初めて見た瞬間に「この2人のための曲だ」と直感した。曲のビート感、振り付け、歌割り、全てがこの2人にピッタリとマッチしていた。

そんな大好きな曲を大好きな人が振付をしたと、コンサートに行く前に聞いた。要するに、私の大好きな振付は私の大好きな人によって変わったのだ。

正直不安だった。私の好きだったLET ME GOがどう変わっているのか。でもそんなの杞憂だった。私の好きだったLET ME GOは更新されて更に好きなLET ME GOになっていた。あぁ、真鳥くんは天才だ。LET ME GOを見た時に素直に思った。私は天才を好きになったんだ。それはそれはとんでもない天才を。

 

真鳥くんは「模範解答」のダンスを踊る人だ。真鳥くんのダンスを見ていれば間違いない。それは「先生」と呼ばれてもおかしくない。ちっちゃい子達から先生と呼ばれることを「結構いいもんやで」って言うのはちょっとどうかと思うけど。真鳥くんのダンスはいつ見ても綺麗だ。「止め」と「はらい」がきちんと確実なタイミングで確実な角度で行われている。誰がどのタイミングで見ても真鳥くんは「ダンスが上手い」。それは留学してからさらに磨きがかかっている。真鳥くんのダンスは今までよりも綺麗になっていた。ヲタ芸をあんな綺麗にする人初めて見た。動きがあんなになめらかなヲタ芸今までどこの現場に言ったら見れたよ?アイドル7の現場だよ。

 

「ついてきな」

そう言ってリチャードの肩に手を置いた彼は、梅田芸術劇場史上最高にかっこいい最年歴の先輩だった。16年アイドルをやってきた男の「ついてきな」。このときに、リチャードが「この人についていけば間違いないって思う。」って言っていたことを思い出す。そうだ。真鳥くんについていけば間違いない。だからこそ彼は「ついてきな」と言う。あーもうついていくよ!!!言われなくても!!!ついていったら梅芸に連れてきてくれたもん!!!あーかっこいいな!!!

 

10月24日に梅田芸術劇場の幕が上がるまでずっと不安だった。11ヶ月コンサートに出ない状況が続き、公式で彼の存在を確認する場所もない。何度でも言うけど真鳥くん生きてる?いや生きてたけど。それは梅芸で確認したけど。いつこの世界から、私の前から姿を消すかわからない。そんな状況が不安で不安で仕方なかった。でもそんな不安を抱く必要が無いことを改めて思った。

「俺絶対辞めへん」

そう言った彼の言葉に嘘はない。私はこれからも彼のことを好きでい続けるんだろうな。あー真鳥くん罪な男。嫌いになんてなれる訳ないじゃん。「好きじゃない」なんて言えるわけないじゃん。ずっと好きだよ。

 

約束するよ あの場所に連れていくから

関西ジャニーズJr.の新曲「My Dreams」の歌詞だ。彼が約束してくれる「あの場所」はどこなんだろう。私が目指す「あの場所」と同じだったらいいな。真鳥くんを好きになってたくさんの場所に行った。松竹座も、大阪城ホールも、全国各地のアリーナ会場も、五大ドームにも行けた。そして今年、梅田芸術劇場に帰ってきた。

今までだったらヘッドセットを使って歌っていた所をハンドマイクを持って歌う彼が目指す「あの場所」に私もついてくんだ。

 

"本気"と書いて"マジ"と呼ぶ男

 

真鳥くんはこの言葉を体現する人だったね。真鳥くんはいつでも「本気」だ。もちろん私も。今回のコンサートがいちばんそれを感じたかもしれない。

ここ1ヶ月で色んなことがあった。私の大好きな8人は2人と6人になった。もしかしたらもう大好きな8人は見れないのかもしれない。でも後ろを見て嘆き続けている時間はない。彼らが「ジャニーズ」である時間は有限だ。だから私達は、全速力で今を生きる彼らを見続ける。

真鳥くんは本気だ。私はこの人のことが好きなんだ。いつでも何にでも本気で、全力で、120%の力で挑んでくる、史上最高にかっこいい林真鳥という男を。

 

今回のコンサートがたまたま優遇されてたのかもしれない。次からはいないのかもしれない。そう思うこともあるけど、それでも確かに今回のコンサートに「林真鳥」という存在はいた。私の勘違いかもしれないけれど、Jr紹介で彼らが踊ったときの歓声は誰よりも大きかった。だから私は夢を見る。ステージに彼の姿があるこの瞬間が、永遠に続けばいいのに。

真鳥くんのファンを名乗れることが私の誇りです。これからも頑張ろうね。大好きです。

あーーーユニット貰えねえかなーーー!!!

とみたいのすすめ

ヲタクには「好きなコンビ」というのがあるはずだ。無いヲタクなんているのか、いやいない(反語)。

私はテゴマスが世界で2番目に好きだ。世界で1番好きなシンメは諸事情あって名前を出せなくなったから、ここではテゴマスの話をしたい。NEWSの手越祐也さんと増田貴久さんのシンメだ。NEWSになる前からコンビを組んで歌っていた2人は、15年以上の時を2人で過ごしている。このシンメは「俺はお前の上を行く」というところがたまらなく好きだ。お互いの良いところも悪いところもわかりきった上で、お互いを尊敬し合い圧倒的なパフォーマンスをする。個々で見ればバラっバラの2人は、2人合わさった時に「最強」になる。1+1が2以上になるシンメだ。

ちなみにこのシンメのしんどいしんどいエピソードナンバーワンは「いちごのないショートケーキ」と揶揄されてきたNEWSの中でも「インフルエンザで休んだ人の席」ぐらい端っこにいた手越さんに「俺にとってのいちごは手越だよ」って言った増田さんです。何それ。しんど。相方のこと最大限に認めてるやん。

 

って違うテゴマスの話がしたいんじゃなくて、今日は世界で3番目に好きなシンメの話をさせてください。そうです。

とみたいです。

ジャニーズJrのMADEというユニットの秋山大河さんと冨岡健翔さんの2人。「幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も」、ユニットのセンターを張り続けたシンメです。まぁ百聞は一見にしかずだから。とりあえず見て。
f:id:stormsho0125:20181007221621j:image
f:id:stormsho0125:20181007231152j:image
f:id:stormsho0125:20181007223233j:image
f:id:stormsho0125:20181007223239j:image

 

ちなみにこの2人、身長体重足のサイズが同じです。実質双子。シンメ芸にも程がある。

 

なんかまぁプリキュアみたいなもんです。ふたりはプリキュア。プリティでキュアキュア。可愛い見た目でバッチバチに戦うから。

 

先程も言いましたが、この2人はMADEのセンターを張るシンメです。QUARTETTOの花魁道中と名高い小山くんソロ「愛のエレジー」ではバックに着くJrの中でこの2人だけが傘を持つのを免除されていました。おかげで好き勝手踊るし超映り込む。

 

年齢は大河くんの方が年上で、健翔は一個下なんだけど、大河くんは1月1日生まれの早生まれなので実質同い年です。モロ双子じゃん(仕立て上げたのお前だろ)。

 

このシンメの何がいいって「お互いの良さを引き出すのはお互いしかいない」ところなんですよ。他の誰にも変われない。お互いが隣に居るから、お互いが輝ける。

これは私の勝手な主観なんですけど、大河くんって人の良さを引き出すことが出来る人なんですよね。だからこそ振付演出出来ると思ってて。大河くんのシンメになった人はいつも引っ張りあげられてる気がするというか、自然といつもの2倍3倍の力を出すんですよ。大河くんは相手の良さを引き出すことで、自分を最大限に活かすんですよね。そうなったときに、大体目につくのは大河くんになるんですよ。自担贔屓とかじゃなくて!!!結構色んな人からこれ言われてるから!!!視線泥棒だし!!!ごめん石投げないで!!!

そんな大河くんと対等にシンメを張るのが今まで見てきた中で健翔が断トツなんですよ。力の差が競り合ってる。レベルがほぼ同じなんですよ。

ね、とみたいってすごくないですか?本当百聞は一見にしかずなんで、Jr情報局動画#33のMADEのSummer Paradiseの動画を見てください。どちゃくそかっこいいんで。

 

同じこと2回呟いてるんでマジでNON STOPヤバいです。

全く同じことを言うようで申し訳ないんですけど、NON STOPという曲で最初のフレーズとみたいから始まるんですけど、大河くんは需要わかってるから健翔の肩を組むんですよね。そしたら健翔はそれに素で甘えて、素で甘えて(ここ重要)大河くんの腰に腕巻き付けるんですよ。わかります?抱きついてるんですわ。そしたら、大河くんが素で喜んじゃって健翔のほっぺぷにぷにしだす。わかる、可愛いよねうちらの最年少。

 

あとサマパラの動画からのとみたいはMC中に「夏が大っ嫌い」っていう大河くんに「日焼けがね、焼けちゃうからね」っていう健翔。優しい(それだけ)。

 

あとこれは映像には入ってないんですけどFamilyの大サビ前の「繋ぎ合わせた今は1人だけのものじゃない」って歌詞のところでとみたいが重なり合うみたいな映像が流れてたんですよ。それが激エモだったから円盤出して。私あそこで泣いたから。局動画にも入ってなかったしね、円盤出そう。

 

さっき「健翔の良さを引き出すのか大河くん」って書きましたけど、健翔も大河くんの良さを引き出す天才なんですよ。健翔がブログに載せる大河くん全部かわいい。

大河くん何回言っても自分のブログの写真に自分映らないから、健翔からおこぼれをもらうしかない。いつもありがとう健翔。健翔が撮る大河くんが1番可愛いよ。来世でマブダチになろうね。

 

あと、この2人って1番お互いを信頼し合ってるんですよね。こいつなら大丈夫、間違えるわけがない、って。だから健翔がアクロバットちょっとミスったら大河くんが床を全力で睨む。次からは床、お前が気をつけろよ。

これ今年の4月のJr大集合のマスヒツのときなんですけど、本当にサラッと健翔が「うちの代表」って言ったのがめちゃめちゃ嬉しかったんですよ。普通に「誰言う〜?」「俺言うわ」「じゃ、大河で」みたいなので良かったわけじゃないですか。違うんですよ、本人の意志を一切確認しないで「じゃ、うちの代表、大河」って言うんですよ。で、大河くんもなんの躊躇いもなくサラサラ〜っと意気込みを言う。なにこの見えない意思疎通。超かっけえ。めっちゃシンメって感じする。

 

結構シンメって確定されたものじゃないというか、大体キンキテゴマスタキツバを除けばみんな公式シンメではないじゃないですか。もちろんとみたいだってそうなんですよ。あの松松ですら壮絶なシンメ人生送ってるんだから。いつ離されるかわからない、いつ彼の隣にシンメがいなくなるかわからない。そんな状況なわけですよ。

でもとみたいに関しては何の心配もしてないんです。私が心配をしなくなったのは去年のMADEのクリエ。とみたいの2人で増田くんのソロ「LIS'N」を歌ったときでした。ごめんやっぱりLIS'Nの前に歌った「愛してるぜT&T」が良すぎたから先にそっちの話させて。

 

知ってます?皆さん、タッキー&翼の名曲「愛してるぜT&T」

曲中にお互いのことを言い合ってそんなお前を愛してるぜ♡ってする曲です。はぁーいい曲。いつ聞いてもいい曲。で、それをクリエでやったんですよMADEが。福士くん・稲葉くんのシンメが先にやるんですけどイニシャルが「F&I」になるんですよね。でもとみたいだと「T&T」になるんですよ、天才じゃない?もうこれとみたいのための曲じゃん。

全5公演あって全部違うこと言ってて、最初の方はなんか「超食べる」とか「よく寝る」とかそんなんだったんですよ。あ、健翔は「大河の好きなもの♡朝からテンション高い俺♡」とか「朝からけんちゃ〜ん♡って抱きついてくる♡」とか言ってくれた。なにそれ詳しく。

で、最後の公演のときに言ったことがハイパー好きだからちょっと全部載せさせて。

 

健翔から大河へ

長年シンメを組んできた秋山大河とももう10年以上の付き合いになります。僕の背中を預けられるのは彼しかいない。これからも一生僕の相棒でいてください。

愛してるぜ秋山大河!

 

大河から健翔へ

いつも健翔のこと応援してくれてありがとう。健翔にこうして感謝の気持ちを伝えることが出来るのもみんなのおかげです。いつもありがとな。

愛してるぜ冨岡健翔!

 

えっ、ハイパー良くない?大河くんはいつもの本妻面ぶちかましてるから、富岡担に盛大なるマウンティングぶちまかしてるけど、超良くない?何より健翔が良くない?健翔大河くんと一生を共にする気なんだぜ?

 

それで、この曲からLIS'Nに入るんですけど、そのときに大河くんが「相棒、キメようぜ」って言ったんですよ。もう一度言いますよ、

相棒、キメようぜ

って言ったんですよ。大事なことだから2回言いましたよ。これテストに出るからね。

わかります?確実に俺の相方はお前しかいないって思ってるんですよ。はぁーお前達は正真正銘エースシンメだよ!!!!一生シンメ!!!!いつかこの世に終わりが来ても冨岡健翔と秋山大河の2人で組んだとみたいはシンメ!!!!

 

最近MADEはコンビ芸が熱く、サマパラでもとみのぶ、いなたいに別れてそれぞれ歌ってましたけど、そのときに私は「とみたいのワークエは!?!?!?」ってずっと言ってた。壁こじ開けてミラクル起こさなかった。でもね、壁こじ開けなくても4人揃えばミラクル起きたんですよ。それがMADEなんですよ。

MADEっていいよね、とみたいっていいよね。MADEの中でもしっかり者の2人。何かあればとみたいがいるから大丈夫って思わせてくれる2人。MADEの看板を背負って歩き続けることを選んでくれた2人。

 

ちょっとでもMADEいいな、とみたいいいな、って思ってくれたら単独公演に来てください。最近さっぱりチケット取るのが難しくなっちゃったけど、近くのMADE担にでも声かけてみて。MADE担「MADEが好き」って言われることが1番嬉しいから、きっと連れていってくれる。楽しませてくれます。

 

とみたいっていいね!!!!

 

永瀬担を卒業しました。

めちゃめちゃ遅くなったけど、8月19日に永瀬担を卒業しました。担降りではない。担降りは3年前に済ませた。

 

あんまり知られてないと思うけど、3年前まで永瀬担でした。意外でしょ。担降り先真鳥くんだもん。そりゃ意外だよね。でも仲良い真鳥担の元担永瀬なんだよね。思いの外多いのかもしれない。

 

今日は7年前の話からしたいと思う。誰にも需要が無いかもしれない。でも書く。自分のけじめのために。ジャニヲタの性かな。

 

2011年4月、全力で濵田担だった私の前に、永瀬くんが現れました。山下智久くんのソロコンサートのとき。今でこそ少なくなったけど、ジャニーズJr公開オーディションです。当時は皆さんお知りの通りほら、若干ね、芋ってたから。「あーなんかちっちゃい子達また入ってきたなー」みたいな感じだったんですよ。当時はそこまでちっちゃい子がフューチャーされてくる時代じゃなくて、B.B.V.と呼ばれるお兄さん達がメインで、その後ろに7WEST、shadowWESTなんかがいました。なっつかしい。自分で打ってびっくりしてるわ。

 

じゃあ私がいつ永瀬くんを気にしだしたかというと、2012年、なにわ皇子の結成です。

「ながせれん」の「な」、「にしはただいご」の「に」「は(わ)」、「おおにしりゅうせい」の「おお(おう)」。彼らの名前を取って「なにわ皇子」。

可愛い可愛い3人組の結成でした。何回かメンバー編成して、結果この3人になった気がする。うっすい記憶だけど。

私このときに衝撃受けるんですよね、えっ、本当にお前が永瀬廉か???って。

あのお芋さんだった永瀬廉くん、今こんなにかっこいいの……?なんか色々ごめん……って思った。本気で。そこからいろんな人に「永瀬廉くん顔超かっこよくない?」って言いまくってた。

 

「永瀬担」宣言をしたのがいつだったかは覚えていません。でも気づいたときには永瀬担を名乗っていました。最初はただの顔ファン。でも徐々に、いろんなことが分かってきました。

綺麗な声。ちょっとクネクネしたダンス。山田くんが好きだったのに、山下くんも好きになりだしちゃったとこ。素直になれないところ。関西Jrが大好きなところ。不器用なところ。甘い言葉言うくせにすぐ照れるところ。先輩にかわいがられてるところ。甘えるのがちょっと苦手なところ。なにわ皇子が大好きなところ。めっちゃ客席見てるところ。ちょっとどころじゃなく天然なところ。

 

それからいろんな景色を一緒に見たね。松竹座から始まって、全国ツアーも回った。うちわも沢山出た。あけおめコンもやったね。素敵な景色を沢山見せてくれてありがとう。

 

2014年、ジャニーズWESTがデビューすると、永瀬くんは当時Kin Kanだった紫耀と共に東京での仕事が増えた。2人で少年倶楽部に呼ばれることがたくさんあった。そこにいたのは、関西Jrを背負う2人だった。

彼らのホームは関西Jrだった。どんな仕事でも「関西Jr」として来ていた。まいどジャーニーで見せる笑顔は、少年倶楽部では見れないものだった。

 

9月のDREAMBOYSに出演が決定した。それは永瀬くんと紫耀、そして高橋海人だった。私にとって海人は入所当時から好きだった嶺亜のシンメの子でした。永瀬担として嬉しくて複雑なような。そんな仕事でした。

もちろん彼らは完璧に仕事をこなしました。まいジャニさんも特集してくれたしね。海人がいてどんな風になるかなとは思ってたけど、評判はよかったみたいで。

 

3人でMステに出ました。

あれは確か、嵐が15周年でハワイから中継した日です。Sexy zoneがゴタゴタしててSexy familyだなんだ言ってたとき。彼らは「DREAMBOYS」としてSexy zoneの「男 never give up !」のバックに着きました。なんかよくわかんないけどコーラスでマイク持って歌ってたし。意味がわからなさすぎて叫んだことを覚えています。

なにわ皇子にいるときの彼のシンメは西畑くんでした。でも、どれだけ探しても彼のシンメは紫耀だった。間にいるのは海人だった。

 

永瀬担としては喜ぶべきことだったんでしょうね。だって自担がMステに出たんだから。マイク持ったんだから。それまでもJr担してきてたけど、そんな経験ないもん。私の初めてだよ。 

 

結論から言うと喜べなかったんです。なにしてんのって感情が強すぎた。「Mステに出た」「マイク持った」「歌った」「抜かれた」これらのことが、全部「何で?」でしかなかった。私の想いはきっと「関西Jrで、なにわ皇子として輝く永瀬廉」にあったんです。なにわ皇子に、「なにきん」と呼ばれる6人に、夢を抱いていたんです。

 

2015年3月、春の松竹座公演が始まりました。そこには座長として立つ彼の姿がありました。でもそれは、どこか今までの彼と違って見えた。私だけかもしれないけれど。紫耀はいませんでした。薄々ヲタクも「そういうことだよね」とは感じ取っていました。感じたくないけどね。

 

2015年4月1日。永瀬くんに手紙を出しました。はじめてだよ、ファンレターなんて書いたの。関西Jrのメンバーに囲まれて笑う廉くんが好き。そう書いたのを覚えています。

なんでこの日に出したのか。それにも理由がありました。だってこの日出したの彼だけじゃないから。

 

2015年4月2日。彼の仲間が1人退所しました。入所日であったこの日は、退所日にもなりました。

先程「彼だけに出したわけじゃない」と言いましたが、もう1枚の手紙は辞めた彼に出しました。端的に言うと「辞めないで欲しい」と書きました。

 

彼の存在がなかったことになって1ヶ月。5月には、今の「King & Prince」のメンバーでのクリエ公演がありました。この年はMADEも単独ではないけれど初めてのクリエで、私はそっちに震えてました。いやー楽しかったなクリエ。もう1回クリエやろうクリエ。

 

そしてそのまた1ヶ月後の6月5日。

Mr.King VS Mr.Prince」が結成されました。

私はこの日に担降りしました。

 

自分でもこんなにあっさり担降りするものかとびっくりしました。呑気にケータイ開いたら「結成」の文字の横に大好きな彼の名前がありました。その名前を見た瞬間に、「あっ、降りよう」そう思いました。

別に担降りのタイミングを決めてたわけじゃありません。嫌いになったわけでもない。あのときはなんで降りたのかよくわかんなかったけど、今なら何となくわかる気がします。整理がつかなかったんです。

どんどん知らない世界を見せてくれる永瀬くんと反比例するように、見れなくなっていく今までの景色。自然消滅した大好きなグループ。嘘はなかった彼の言葉。

全てがごちゃごちゃになりすぎて当時の幼い私には分かりませんでした。

 

グループ結成の会見の時に彼は「関西Jrとして来てるので、しっかり爪痕を残したい」というコメントを残していました。最後の最後まで私の大好きな関西Jrが大好きな彼でした。あぁーあ。それでも降りたかったんだもんな。整理がつかなかったと同時に、整理をつけたくなかったんだし、そこまでして応援する自信が私にはなかった。要するに逃げですよね。笑ってください。

 

そこから彼は今までとは違う仲間たちと、私が見た事のなかった景色を沢山見ていきます。一緒には見れなくなってしまったけど、どんどん新しいステージに進んでいくあなたは素敵だったよ。

嫌いになったわけじゃないし、整理しないまんまに担降りした罪悪感から、薄目で活動を追い続けてきました。テレビに出るって言われたら全部見たし、コンサートに出るって言われたら一応チェックはした。オリ曲だって全部歌えるし踊れる。それでも、そこに私の大好きな自担はいない。

 

時は流れて2018年1月17日。彼は「King & Prince」でデビューすることが決まりました。「あぁついに来たか」素直にそう思いました。

いつかデビューする子だなとはなにわ皇子を組んで見直したときからずっと思ってたよ。こんな後出しで言われても信用ないと思うけど。「6人でデビューしようね」ってファンレターに書いたんだよ。その6人は違ったんだけどね。

 

そして8月19日。King & Princeファーストコンサート大阪城ホールラストコンサートに行きました。仲良い友達が誘ってくれて、「キンプリ今行かないと5年後絶対後悔するよね」って言って行きました。「ジャニーズJrの真ん中に立つ嶺亜が見たい」とか言って席に着いたけど、結局持ったうちわは永瀬くんだった。このときは深いことは何も考えてなかったな。

 

King & Princeを見るために埋め尽くされた客席を見て少し寂しくなりました。私が見てきた彼は、難波の駅を出てすぐの1000人しか入らない会場で歌う彼だったから。大阪城のふもとのステージで踊るなんてまさにKing & Princeじゃない。

 

コンサート中の6人はすごく輝いていた。キラキラした衣装を着て、自分達のファンだけが集まった空間で、幸せそうに笑う。「デビューする」ってこういうことなんだなって思いました。

MCでは永瀬くんがトークを回していました。あの天然爆弾と呼ばれた永瀬くんが。私の知ってる永瀬くんはそんなことできる人じゃなかったんだよなぁ。だって「目頭」のこと「目の溝」って言ったんだよ。それと同一人物なの?じゃあ私永瀬くんのこと何も知らないじゃん。

あとこの日のMCで山下くんのコンサートでのオーディションの話するからマジで泣きそうになった。やめてくれ。覚えてるよあの日のこと。あの日、オーディションに来るということを選択してくれてありがとう。出会えてよかったよ、あの日に。

 

コンサートは終盤に向かっていきます。そして流れた曲は「bounce to night」でした。

この曲で私は卒業しました。

 

笑っちゃうでしょ。笑っていいよ。私も笑ったもん。なんでこの曲だったんだろうね。

私の知らない永瀬くんがいたんですよ。今までもずっと永瀬くんのことは見てきたつもりでした。最初は自担の後輩として、次は大好きな自担として、そして罪悪感で。そのどのタイミングでも見なかった永瀬くんがいました。きっとこの永瀬くんは「King & Prince」というグループが引っ張り出した永瀬くんなんだろうな〜って思いました。

 

帰り道、連れてってくれた友達に「今日で本当に担降りできた気がする」と言いました。素直に感謝しました。あと、「キンプリでananに選ばれるとしたら多分永瀬くんだから、もし出たら2冊買う」って宣言しました。

 

今は関西の彼にも、「なにきん」にも、なんの未練もありません。たまにもし残ってたらどうなってたのかなってパラレルワールドを想像することはあるけど、きっとそんな世界があったら、私は今の自担に出会えてないし、彼は新しい景色を見れないままでした。

 

たった3年。されど3年。私がちゃんと見てきた時間は2012年から2015年の3年間です。彼のジャニーズ人生の半分にも満たないんだから、そりゃ何も知らないよね。

コンサートに行かないと彼の姿を見れない時代は終わり、テレビのチャンネルをつけたら今じゃどこかしらで見れる時代になりました。デビューってすごい。

 

卒業するまでの期間で、私は沢山のことを学びました。

私はずっと「自担のことはこの事務所にいる間は応援する」と言っています。ジャニーズJrという不安定な立場。いつ今のグループが無くなって、彼が目の前から消えるかはわかりません。もう幾度となく経験してきました。その度に絶望してきました。

だからこそ、「夢を追う」と同時に「現実を見る」。その現実は「事務所にいること」です。

 

一つだけ未練があるとすれば、大好きだった彼の言葉が嘘になってしまったことです。

4年前、ジャニーズWESTがデビューして泣きながらお祝いの言葉を述べた彼は「次涙を流す時はデビューするとき」と言いました。彼は泣かなかった。私たちの見えないところで泣いたのかもしれないけれど、彼は1度も涙を流さなかった。

嘘になっちゃったね。これも後出しの嘘。この嘘がきっと人に夢を見せるんだろうな。ごめんね、現実を見てしまって。

 

最後に彼に一言だけ言わせてください。

 

たくさんの素敵な景色を見せてくれてありがとう。これからは、今のあなたを好きになってくれている人を幸せにしてください。

あなたなら大丈夫。だって私が好きになったんだから。

 

大好きだったよ。2018年8月19日。