譲れない思い誰も邪魔できない

口癖は「推しがしんどい」

18年目の「未完」に感じたこと

櫻井くんのドラマが先週から始まったー!

先生役似合うね!私は未だに完全犯罪者役を望んでるよ!

重要人参考人探偵人(#重要参考人探偵)も始まったね!慶ちゃん相当ハマってた!

ドラマについては完走した時にちゃんと記事書こう〜!

 

 

さあ今回は!嵐の新アルバム「untitled」から「未完」について!

初見がMステだったんだよね〜WS追うことも出来てなくて本気でMステ初見でした。

Song for you からの続きで18年目の嵐から色んなことが伝わってきてぶっ倒れそうになりましたね。

次の記事にはuntitledの雑記を書くつもりなのでSong for youについてはその時に。

 

 

さて、「未完」について。

 

 

1.作詞作曲編曲者が天才的

作詞はJUNEさんという韓国のアーティストさん。

作曲はJosef Meilinさんで、「僕らがつないでく」や「Round and Round」を作曲された方。

 編曲は佐々木博史さんで、「あの日のメリークリスマス」や、「Lotus」「voice」「One step」など、何度も嵐の曲の編曲を担当されてる方。

いやもう天才じゃん?

曲見ただけで天才じゃん?僕らがつないでく作った人だぜ?voiceの編曲した人だぜ?

そりゃ、あの大作できるわ。

いろんなジャンル組み合わせていい意味でまとまらない曲作れるわ。

で、違和感なく耳入ってくるわ。

はー!天才!!!

 

 

2.歌詞がエモい

相当エモい。Mステ見た時に鳥肌止まんなかった。アルバム買って歌詞見直してまた鳥肌立ってる。私の自由な解釈と意訳だけど。JUNEさんありがとう。

 All the time 隠し持ってた素顔 Don't you call my name

夢から醒めるたび 新しくCome alive again

 もうAメロだけでやばい。切腹する。

 「俺らあんまりおおやけにしてこなかったけど野心しかないんだよね。そんなことも知らないんだから名前呼ばないでよ。俺らは常に新しいことをしていくよ。」っていうことなのかな。って思ってます。

はー!かっけー!嵐さんかっけー!

 

Never change my mind 振り向けば遠くなる「今」

I can't lose myself 無くしちゃいけないモノを

In my heart 陰を光に変え Time to shine 扉開いて

英文と日本語がほとんど言ってること一緒なのにやばいってやばい(語彙力)

絶対俺らの考えは変えちゃいけない。振り向いたら「今」は「過去」だから。俺らは俺ら自身をなくすことは出来ないんだ。無くしちゃいけないモノだから。心の中の陰を光に変えてさあ今、扉を開こう。

やばくない?今から俺らやりますって宣言だぜ?

前半で言ってることは「俺らは今も昔も変わらないよ」ってことなんだろうな、と。

でもきっと、自分たちへの暗示も兼ねてるんだろうな。「変われないからね」って。「変わったら終わりだからね」って。こっわ。嵐こっわ。

後半はだからこそ、その暗示を掛けた上でポジティブな方向に変えて、さあ、やるぞ。

普段、あまりポジティブな考え方をしない嵐が!!陰を光に変えるらしいよ!!()

サビでそんな嵐が爆発します。

 

Now! Now! Now! 望む方へとRun away

Dive! Dive! Dive! 今こそYou must find it

変わることのないAnswer この手で壊したいなら I know it

There is no turning back, there is no looking back

That is what I've always wanted

見つめてCan you see? Oh baby

Do you wanna ride!?

サビで嵐が大暴走。()

今望む方へと逃げよう。飛び込め、今こそあなたがそれを見付けなければならないんだ。変わることのない答えをこの手で壊す方法なら知ってるよ。そこに振り返るものは何もない。あれは俺らがずっと求めていたものだ。見つめて。できる?君もこっちに来る?

最後に畳み込んで質問重ねきたー!!

はいまず、「逃げよう」一発目からネガティブ。さすがです。

これは後輩達に向けた歌詞なのか、昔の自分たちに向けた歌詞なのか、今の自分たちへの暗示なのか。

暗示なのかな〜。「望む方へ行こう」じゃなくて「逃げよう」なのが嵐らしいよね。

「今こそそれを見付けなければならない。」これは嵐から誰に向けた言葉なんだろう。

まず、それって何?代名詞itは何を指すの!?これ英文訳の基本!()

「逃げた理由」なのか「逃げる理由」なのか

Nowが冒頭に来て今こそだから逃げる理由なのかな。

誰に向けた言葉なんだろう...ファンではないだろうし...同職のライバルに対してなのかな...

「変わらない」じゃなくて「変わることのない」を使うあたりがものすごく嵐。

これはラスサビまで聴いたらわかる歌詞なんですけど、ここではI know it.「知ってるよ」

でもラスサビはI knew it.「知ってたよ」

ラスサビは過去形なんですよね!

つまり「知ってるけど壊さないよ。」そういう意味なんじゃないかな、と。

変わることのない答えを壊すことなく持ち続ける。それが俺たち嵐だと。

「そこに振り返るものは何もない。」

18年間のことを振り返っても後悔はない。

「あれは俺達がずっと求めているものだ。」

つまり、今手元に「あれ」があるわけではないので、きっと「未完」なんですよね。

でもきっと、手元に持つ気もない。常に俺達は「あれ」を求め続ける。常に「未完」なんだ。

「見つめて。できる?君もこっちに来る?」

君たちはそんな俺らを知った上で俺らのこと見れるの?それでもファンって言える?

 

私がこのサビから感じたことは、今まで色んな人たちに「嵐はもっと野心を出した方がいい」「前へ前へ行かなきゃダメだよ」と言われてきた自分達のことが他人事な彼等が、はじめて本当に野心を見せてくれた歌詞。

みんな気づかなかったでしょ?俺らのこの野心気持ち悪いでしょ?それでもいいの?と。

もしやこれファン試されてる.....?

きっと、自分たちへの暗示も兼ねられてるだろうしなんだったらそっちの割合の方がおっきい気がする。

最後の「Do you wanna ride!?」とかめっちゃ暗示じゃん。

「お前嵐できんの?」って自分に聞いちゃってんじゃん。やばいな!!

 

I'm running in the light now 高鳴る鼓動が

合図になる I'll get it anyway

I'm running in the light now 立ち止まることなく

And I'm gonna make my world

 「今、俺らは光の中を走っている。高鳴る鼓動が合図になる。俺らはとにかくそれを得よう。立ち止まることなく。そして、俺らの世界を作るんだ。

待って、めっちゃポジティブじゃん嵐?

光の中走ってるって自覚あったの?ってサビで嵐覚醒したって話したじゃん自分。

「俺らはとにかくそれを得よう。」

だからその代名詞itは何!?

でもきっと嵐はそれを得ないんだよ...。それを得る心意気でやるだけで得ないんだよ...。常に渇いてたいんだろうな...。こっわ。嵐こっわ。あえて渇いてる嵐こっわ。

「そして俺らの世界を作るんだ。」

今彼らは自分たちのフィールドで戦ってないってことなんです!!

こわい!!今ものすごく嵐がこわい!!好きだわ!!!!!

 

暗闇から光

"僕らが拓いていく時代"

なんてあの頃はいきがり

いま、夢の先の未来

後ろなんて見ない

ただそう前だけしか見ない

目の前は誰もいない

その未来自分次第

 櫻井くん作詞のラップです。好き。(語彙力)

PVメイキングで「(嵐のことが詩に)反映されちゃってる」って言ってたから解釈間違ってなかった!!

珍しく英語のない歌詞なので和訳はしません()

「"僕らが拓いていく時代"なんてあの頃はいきがり いま、夢の先の未来」

「時代」は未来だけど「世界」は今作るんだよ。さすが。嵐の宣言です。

「俺らの世界は作ってます!俺らの時代は将来的に作りたいです!

口に出しゃ夢叶う。嵐大好き言霊ってやつですね。

「後ろなんて見ない ただそう前だけしか見ない 目の前は誰もいない その未来自分次第」

目の前は誰もいないっていう嵐って!

俺らに敵なんていないってことなんだろうな。同職の方々も後輩も目に入ってこないほど俺らは進んでる。敵はいないんだ。未来に進もう。

もはや別次元嵐。違う意味で自覚あり。

 

 Running running, never gonna stop it

ohもう止まれない

時代の流れに飲まれない

自分で自分を育てたいならただただ

ひたすらもがけファイト

輝き出す未完成の「I」 

最初の一文は「走ってる。もう止まることは出来ない。

そのまんまですね。

「もう止まれない 時代の流れに飲まれない」

目の前に誰もいないけど「時代」っていうものはいつまでも追いかけてくる。

嵐はずっと口に出して言ってるけど「続いてるものが終わる恐怖」

今回のアルバムでもずっと言ってたけど「アルバムをこうやって出させてもらうのもすごいことなんだ。錯覚しちゃうけど普通じゃないんだ。

嵐さんは 常にこのことを胸にシゴトをしてるんだよな〜。本当にすごいと思う。

「自分で自分を育てたいならただただひたすらもがけファイト」

もはやこれは自分たちの経験談ですよね。

目の前に来たことを一生懸命やる

これも嵐さんの仕事の精神の1個。

これは自分たちの敵に、後輩に言っている部分もあるだろうし、暗示もあるんだろうな〜

「20周年迫ってきてるけどその前に俺ら今があるじゃん。」

この考え変えんなよって言ってるんだろうな〜

からの「輝き出す未完成の「I」」

ほら!渇きまくってんじゃん!

しかも渇いてるものが輝くってよく知ってんじゃん!さすが!そういうとこ好き!

 

 Now! Now! Now! 決めた方へとRun away

Dive! Dive! Dive! 全てはYou must find it

確かなことはStay here 気づけば答えになる I knew it

ここから先は1サビと一緒なので微妙に変わった部分だけ。

今、決めた方へと逃げよう。飛び込め、全ては君が見つけなければならないんだ。確かなことはここにある。それが気づけば答えになることを俺らは知ってた。

やっぱり逃げるんですよね。Run awayは変わんないんだよね。でも、「望んでた」方向が「決めた」方向になるんですよね。

「今」見つけなければならないものが「全て」になるんですよ!!!!

何それ!かっこいい!この3分ぐらいで先進みすぎじゃん!

「知ってた。」って言うのは誰に向けてるのかな〜。

彼らが確かなことを動かさなかったことは今までの歌詞でわかると思うんですけど、その上で「知ってたから動かさなかったんだけど、動かしたんだ。へー?」ってライバル達に言ってんのかな〜? 

確かに、こんなにブレずにアイドルしてるのってほぼ嵐だけなんですよね。

みんな体制が変わっていったりメンバーや方向性が真反対になったりするのに対し、デビュー当初から目指す先も変わらない。

そんな彼らが変わっていったライバル達に向けてるのかもしれない。

 

響け Release my soul, Oh baby

Do you wanna ride!?

ここで初めてリリースの意味を調べました()

release - 放つ、離す

ということで、ここは「響け、放った俺らの魂。君もこっちに来る?」という意味になりますね。

「放った俺らの魂」というのは、大きく言えばこの曲になります。

この曲に詰まった嵐の野心。世界に発信したんだから皆の心に響いてくれと。

響いた上で俺らについてくる?と。

ついて行きます。

 

全面的にこの歌詞からは彼らの野心が物凄く伝わってくる。

嵐の野心っていうのをちゃんと見れたのが初めてですごい嬉しかったな〜!

しかもMステさんでフルでやって!歌詞ちゃんと見て!鳥肌!やべえこれファン増えるよ!

 

 

3.この曲を18周年に持ち込んだこと

18周年にきてこの曲を歌う嵐ってやばくない?

アニバーサリーイヤーじゃない18周年だよ?

きっと彼らは「自分たちがこれから見せるもの」と「今までにファンに見せてきたもの」っていうのが14周年、Loveぐらいから変わったことも気づいてきてるしそこに合わないファンが出てきたことも気づいてる。

それに、そろそろ嵐が求められなくなるとも常に思ってる。

そんな彼らがここに来て「変わらない答え」とか「時代に飲み込まれない」とか歌う意味。

私はこの曲を歌う彼らはここで宣言したんだろうなと思いました。

自分たちが戻ってこれないように、見てくれる人が全員自分たちの考えを知ってもらうために。

「俺らは今までもこれからも変わらない」

きっと彼らの根本にあるものはずっと変わってなくて。でも、少しずつ見せられたものが14周年、Loveの時から変わったなと思ったのは「変わった」のではなく「成長した」ということなんですよね。

いやー、すげえな安定感求めない乾き続けてる嵐。

だからこそ、いろんなジャンルを取り込んだこの曲を作ったんだろうし、リード曲にしたんだろうし、この歌詞を書いたんだろうし、20周年に向けてさらに大きくなっていくんだろうな。と。

 

私はやっぱり嵐が好きだ!