譲れない思い誰も邪魔できない

推しがたくさんいるやつのTwitter:@mmm_357

私と嵐の10年。

2008年4月。嵐と私が出会った日。
友達に「嵐って知ってる?」って言われて、家に帰って「お母さん、嵐って何?」って聞いたら当時のうたばんを見せられた。5人並んだ姿を見て、一番最初に「この人が好きだ」って思ったのが櫻井くんだった。
その日は「あ〜これが嵐か〜、彼は櫻井翔っていうんだな〜」って思って終わったんだけど、ずーっと嵐のことが頭に引っかかってた。
次の日起きて1番最初に思い浮かんだのは「嵐」だった。2番目は「櫻井翔」。
そこから先はよく覚えてない。気づいたらVS嵐も、ひみつの嵐ちゃんも、嵐の宿題くんも全部見てた。気づいたら「櫻井くん」のことを考えてる時間が長かった。一目惚れがこんなに続くと思ってなかったな。不思議。

 

2009年。嵐の10周年の年。多分私が初めて見たのは5×10のDVDだったと思う。そこで大河くんのことも知れた。大切な大切な年。私は応援して1年しか経ってなくて、5×10の意味がよく分からなかったけど、今振り返ると全部全部泣いちゃう。
名の通り嵐のような土砂降りの中やった国立競技場。駆け抜けたドームツアー。10周年は今思い出しても楽しかったな〜。今もしどこか過去に戻れるとしたら2009年に戻ってもう1回10周年を駆け抜けたい。
紅白に初めて出たのも2009年だったね。今ではデビューして1年経ってないのに出れるようなグループが沢山ある中、嵐は10年かかった。それが去年までずーっと連続で出て、司会までしてるんだから嵐ってすごいなぁ。

 

2010年。嵐にしやがれが始まった年。もうしやがれも9年もやってるんだね。毎年お正月にはSPをやらせてもらえて、ロケにも沢山行かせてくれて、たくさんのことを経験させてくれるしやがれ。ずーっと続いていけばいいな。小さな願い。
この年は僕と君の見ている風景のツアー。結構定期的に見返しちゃうくらい好きなツアー。国立競技場にこんなに何度も足を運ぶとも思ってなかった。
初めて紅白の司会をやったのもこの年。2回目の出場。すごいなぁ。トップスピードで「1番」を取りに行くんだね。

 

2011年。ワクワク学校が始まった年。震災があって、電力不足を考慮して、電源車の自家発電でまかなってた。ドームでとんでもないことするよね。嵐のおかげで笑顔になれましたって人沢山見たよ。

Beautiful World。嵐には世界がこう見えてるんだな、って素直に思った。嵐が見てる「Beautiful World」をもっと見ていたい。そう思った2011年。

 

2012年。アラフェスの年。国立競技場でとんでもないことやるな、それが最初の認識(笑)

ヲタクの投票でセットリスト組むとこうなるんだな〜って不思議な感じだった。そうか、嵐のファンはこういうのを求めてるんだって嵐も思ったかな?私も思ったよ。

私が面白いなって思ったのは「オレフェス」。要するに「でっかいカラオケ」(笑)。嵐が歌いたい曲を勝手に歌う企画。Green、Hey Hey Lovin' you、スケッチ、Kissからはじめよう。本当にセットリストに入れたくても入れれない曲が沢山あるんだ、って思った。沢山沢山ビックリさせてくれたコンサート。

Popcornツアーはとにかく可愛かった。嵐の可愛いって突き詰めたらこんだけ種類あるんだな!!みたいな。多分もっとあるんだろうけど(笑)。毎年毎年全然違う面を見せてくれる嵐。かっこいいなぁ。好きだなぁ。

 

2013年。Nコンの課題曲に「ふるさと」が選ばれた。嵐の曲が合唱曲として使われる。学校に嵐のポスターが貼ってあったのも記憶にあるな。NHK様々。ふるさとは今でもずーっと歌ってきて、大事にされてる曲だね。嵐の曲は嵐に、沢山の人に愛されてるな。

それから、嵐最後の国立。東京五輪に向けて改修工事に入るから、これが最後。みんなで聖火台に向かって「ありがとう」って言って国立に別れを告げた。6年間、楽しい思い出をありがとう。

LOVEツアーも楽しかったなぁ〜。5人それぞれの「LOVE」。「LOVE」にも沢山種類があるもんね。名の通り嵐からの愛を感じて、受け取ったツアー。

 

2014年。すごい個人的なことなんだけど、私が初めて嵐のコンサートに行った年。THE  DIGITALIANツアーが初めてだった。初めてDVDで見たコンサートが5×10で、初めて行ったコンサートが15周年のコンサート。偶然でも面白いな。

ピカンチの第3弾も公開されて、必死にチケットを取った。販売開始と同時にパソコンに向かったのあれが初めてだな。

あとは、3回目のハワイ。5人で戻る2回目のハワイ。ライブビューイングも外れて行けなかったけど、当日のお祭り騒ぎは今でも覚えてる。「嵐がハワイでコンサートをしてる」って事実をほぼ全国民が知ってたんじゃないかな、ってレベルで嵐の話しかしてなかった。

THE  DIGITALIANツアーは「5×15」って名前にならなかっただけあって、ハワイとはまた全く違う構成だった。15周年は嵐にとっては通過点なんだなって思った。これからもずっと嵐を見れるんだ、そう思った15周年。

 

2015年。ワクワク学校に生徒が来た。嵐は全員先生になった。後輩が来ると嵐が先輩風吹かせまくってるから、楽しいんだよね。意外な絡みがここで生まれたりして、チャリティー以上の意味を持つイベントになったなぁ。

「初心にかえる」っていう意味を持って全国を回ったJaponismツアー。一口に「日本」って言ってもこんなに捉え方があるんだ。嵐が初心に帰って私達に見せたかった「日本」は何度見ても飽きない。その「日本」は、嵐が作り出し、見せた「日本」だった。

 

2016年。9年ぶりのアリーナツアー。今まで私が見てきたアリーナ公演の限界を超えてきた気がした。アリーナがドームに見える。嵐のアリーナツアーはそんなコンサートだった。嵐ってすごいな。トップアイドルってすごいな。かっこいいな。

紅白の初大トリを務めたのもこの年。かっこよかったなぁ。嵐が大トリをする紅白。こんな景色が見れるなんて、初めて出た年には思ってなかったな。

Are you Happy?ツアーは、Japonismとはまた全く違って、とにかく自由なコンサートだった。つい3ヶ月前まで初心に帰るとか言ってたじゃん!?みたいな。自由だけど、作り上げられて、完璧に魅せられたコンサート。

「Are you Happy?」

嵐が私達にそう問うなら、私達はこう答えるしかない。

「Yes, I'm Happy!」

 

2017年。「Untitled」ツアー。つまり、「名前のない」ツアー。

何度も言ってるかもしれないけど、私はこれを「嵐が野望を隠さなくなったツアー」だと思ってる。内弁慶で、あまり表に野望を見せなかった嵐が初めて見せた強い思い。それがきっと「未完」だ。

「未完」をはじめて聞いた時に、鳥肌が止まらなかった。そして、嵐が怖くなった。この人達は一体どこまでいくつもりなんだろう。どこまで走っていくつもりなんだろう。

 

もしかしてゴールはもう決まったのかな。

 

実はこの時に少し感じた。でも言いたくなかった。本当にきまってしまいそうだったから。

 

2018年。20周年の重み。嵐が駆け抜けてきた20年、私が見続けてきた10年の重み。

ツアーはまだ続くからツアーのことを話すのは少し先にしようと思う。

前回のツアーから今回のツアーまでで、嵐の味方は嵐の5人しかいないんだな、と感じた。きっと彼らは5人しか信じていない。5人以外はみんな蚊帳の外だし、5人だけの世界を生き続ける。5人だけの世界を生き続けるために必要なのが私達だ。ならば、彼らが5人だけで生き続けるのを見届けたい。そう思わせてくれるツアーだった。

 

今日、1月27日。嵐の活動休止が発表になった。

出先で見て目頭が熱くなるのを感じて早歩きで帰った。隣でケラケラ笑いながら何かを言っている母親を横目に真っ直ぐ私の部屋に入り、動画を再生した。

涙が止まらなかった。呼吸が浅くなった。

2017年6月頃って私が違和感を感じ始めたときじゃん。いつか友達と話したときに「嵐の終りは、大野智が「終わりだ」って言ったときだと思う。」って言った。その通りだった。なんでわかっちゃったんだろう。なんで全部当たっちゃうんだろう。

 

いつかこんな日が来るんだろうな、ってどのアイドルを応援するにしてもずっと思っている。その発表は急だし、突然だし、受け入れ切れない時もある。だから、後悔しないように、応援する。それが私のヲタ活をする上で大切にしてることだ。

 

今の感情は正直まだ自分でもわかってない。不思議な感じ。納得はしてないし、受け入れてもない。受け入れたくもない。「大丈夫?」ってLINEが来てるのも知ってるけど、それに返事をする元気もない。誰かと口を聞く元気もない。今この文章を打ちながらも涙が止まらない。でも、世界は回るし、私は明日も学校に行かなきゃいけない。所詮世界なんてそんなものだ。

とりあえずはゆっくり気持ちに整理をつけながら、私も嵐と一緒にあと2年、駆け抜けたいと思う。2年後のことは正直想像できない。嵐がいない世界が想像出来ないのが事実。でも、きっと大丈夫。

次は何しようか

気にしないでいいから

嘘じゃない今までが教えてくれるから

だから今はもう一度

僕らから皆にありがとう

あと2年、沢山沢山嵐からの愛を受け取って、沢山沢山嵐に愛を届けたいな。