譲れない思い誰も邪魔できない

推しがたくさんいるやつのTwitter:@mmm_357

NEWS「WORLDISTA」広島 2019/4/28 2部 MC書き起こし

⚠楽曲ネタバレあります

 

 

4曲目終わりのミニMC

小山「待って、平成最後だよ、平成最後だよ頼む。平成の最後はちゃんとしてくれちゃんとライブやろう1回」

歩き回る手越くんを保護しに行く小山くん

その隙に変に動く増田くん

小山「あ゛ァもう1人いる💢💢」

増田くんを動かしに行く小山くん

その隙に小山くんの位置に移動するシゲ

小山「ちょっと足りないかな……」

三角座りするE班のJr3人(可愛い)(可愛い)

小山「よく見ろよく見ろ?そこじゃないそこじゃない。そうそれでいい!!」

元の位置に着く小山くん

小山「うわぁ!!びっくりしたよもう!!」

増田「おいSちゃんとしろよォ」

小山「Sなんてやったことないよ!?」

手越「おい誰だよちゃんとしろよ最年長」

小山「Sってどうやんの!?こう!?こう!?……これか!!いけたんじゃない!?じゃあ何に見えるか言ってね!せーの!」

\NEWS!!!!/

小山「もっかいいくよ?せーの!」

\NEWS!!!!/

小山「こんな疲れんのここって?加藤さん、(脚)全開っすね」

加藤「ちょっとすいません失礼しちゃって」

手越「おお〜見ていいんですか!?(シゲの前に回り込んで脚を見る手越くん)」

加藤「おぉ〜セクシーサンキュー!!」

手越「セクシーサンキュートゥー!!」

小山「……こんな感じですぅ。みんな今日声すげーわ!!さっき手越とちっちゃい声で喋ったの「すごくね?」って。もっかい聞いていい?ヘーイ!」

\ヘーイ!!/

小山「どうしたの?」

手越「腹筋してきたでしょ?声量鍛えてきた?」

増田「いっぱい寝てきたんじゃないですか?昼過ぎまで寝て。」

小山「お茶してから来たのか。もうちょっと聞こう。ヘーイ!」

\ヘーイ!!/

小山「ヘーイ!」

\ヘーイ!!/

小山「ヘーイ!」

\ヘーイ!!/

小山「やられるよ?喉が。Jrのみんなも覚えて帰ってください!どうしたの今村?なんか(ちょんまげ)ついてるよ?」

今村「今日特別な髪型で。平成最後なんで」

小山「可愛いぞ♡♡♡♡♡」

増田「だいたいその髪型戦国時代とかじゃん」

手越「いいね侍魂

小山「平成最後なのにね」

増田「平成最後にちょんまげで来るって」

手越「剣を持ってるねぇ」

小山「全公演変えてるんだって髪型」

手越「すごいよなぁ」

小山「最後はみんなでバリカンでいこうぜって話してる」

手越「おっ、お主来たな!行くぞ!ズバッ!この平成の時代にまだ生きておったか!(小山くんに)」

小山「なにを〜!?」

加藤「いい加減にしなさい。風紀が乱れますよ!?

増田「あと今のボケカメラさんに追いついてなかった」

手越「戦国のスピードでいったからね」

小山「まっすー1回煽ってみ?すごいから。思ってる以上よ!」

増田「みんな盛りあが……(マイクを下ろす)」

\イェーイ!!/

増田「みんなまだ……」

\イェーイ!!/

増田「もっと……」

\イェーイ!!/

増田「全然こっちに……」

\イェーイ!!/

増田「広……」

\イェーイ!!/

小山「これでいけんなら俺苦労しないよ……

増田「僕達の声がちゃんと届いていますか!」

\イェーイ!!/

増田「みんなの声もこっちに届いてるよ!」

\フゥー!!/

増田「今から歌う歌でもっともっとひとつになりましょう!」

 

MC

小山「声でかくない!?」

手越「いやマジでマジで!」

小山「本当に分かるんだよすごいときってあんのよ!すごいときなんだよ!!」

加藤「みんな合唱団?

小山「いいじゃん平成最後伝説作ろうみんなで!!よし声聞くよ?男ー!!」

男\イェーイ!!/

加藤「男いるねぇ!」

手越「すげえな!」

小山「もっといけるよ!びっくりさせて欲しいな、男ー!!」

男\イェーイ!!/

増田「増えたねぇ!」

手越「いいね!全員バンドのボーカルだね」

加藤「RIZIN見に来たテンションだったね」

手越「ラーーーイジーーーン!!!!」

小山「勝手すぎる勝手すぎる。うるさい。」

〜この辺からテゴマスシゲでよくわかんない話し始めるから全く聞き取れなかった〜

〜でも超可愛かった〜

手越「(小山くんに)誰がいい?誰がいい?」

小山「は!?俺ほんっとわかんないの」

手越「ラモスラモス」

小山「ラモス!?急にサッカー!」

加藤「モスラモスラ

手越「ゴジラゴジラ

ゴジラする小山くん

小山「なんの時間だよ!!!!」

加藤「いいよ続けて」

小山「男しか聞いてないもんね。……やりづれえよなこのあと。順番に行くよ!スタンド行ってー、子供たち聞きたいなぁ。自分が子供だと思う人は言ってね!いくよー、スタンド!」

スタンド\イェーイ!!/

増田「今の場合スタンドにいる子供はどうするのぉ?(´・ω・`)

小山「それはダブルで。」

増田「男もいいのね。大男も。」

小山「大男?……ま、いくね、スタンドー!」

スタンド\イェーイ!!/

小山「アリーナ!!」

アリーナ\イェーイ!!/

小山「男ー!!」

男\イェーイ!!/

小山「子供たち!!」

子供+手越\イェーイ!!/

小山「おい💢💢マジ無いわ💢💢」

増田「今ぜんっぜんお前の声聞きたくなかった」

小山「本当に聞きたくなかった」

増田「心から聞きたくなかった」

手越「自分が子供だと思う人は言っていいって言ったじゃん😤😤」

小山「お前素人か?せめて男だろ。ちっちゃぁい子達の聞きたいの。」

加藤「もう1回言っとく?」

小山「じゃあもっかいね、子供たち!」

子供+加藤\はーい!!!!/

加藤「重ねたいじゃん(><)」

小山「NEWSの末っ子だもんなぁ♡♡

無言でコヤシゲに近づく増田くん

小山「うわびっくりした!!!」

増田「近くで見ると迫力あるでしょ?」

小山「オーラがありますね。何回もごめんね子供たち聞くね。」

増田「子供の声が枯れちゃう(><)」

小山「子供たち!」

子供\はーい!!/

NEWS「「「「可愛い(><)♡♡♡」」」」

小山「もっかいいくよ!子供たち!」

子供\イェーイ!!/

NEWS「「「「可愛い(><)♡」」」」

小山「男ー!!」

男\イェーイ!!/

増田「成長したねぇ」

加藤「いつかはこうなる」

小山「広島ー!!」

\イェーイ!!/

小山「すげえなマジで!ってことで改めて僕達がNEWSでーす!!Sit down!!」

加藤「大丈夫ですか?その辺の方乾きました?濡れたの(アリーナ花横周辺)」

小山「加藤さん濡れてる場合どうしたらいいんですか?」

加藤「濡れてる場合タオルが売っておりますので!服が濡れたなって場合Tシャツも売っておりますので!寒いな、って思ったらパーカーがございますので!」

小山「脱いだ服が邪魔だなって思ったらバッグもありますので!」

増田「脱いだ服全部は入んねえよ

小山「冷静になるとそうだわ」

加藤「濡れた日覚えておきたいな!って方はカレンダーも売ってますのでね!」

増田「カレンダーの中にさぁ」

小山「シール?」

増田「あれがいいよね」

小山「トランクとかに貼れるようのやつね」

増田「無印良品のミラーに貼りたいな

加藤「出ちゃわない?」

増田「もし最悪いっても裏までいく。」

小山「あれ僕らの作りたいものの1つだったんですよ。」

増田「ステッカー1個でグッズはいらねえんじゃねえかって話になって、じゃあおまけで、って。」

小山「手越とかさぁトランクで海外いっぱい行くんだからステッカー貼ってくれよ!トランクステッカーで埋めようぜ!」

手越「俺は行った国と行ったサッカーのスタジアムとかチームとかのステッカーを貼ってるわけで、それが自然に剥がれてくんのよ。そこの隙間に貼ってってるわけよ。それを全部WORLDISTAにしちゃったら……うぁん……

小山「いいじゃんでも」

手越「気持ちは全WORLDISTA」

増田「行った会場ごとに貼ればいいじゃん」

手越「広島でWORLDISTA、来週大阪でWORLDISTA」

小山「海外行ったときも?」

手越「WORLDISTA」

増田「海外行ったときは許してあげるよ」

手越「アジアでライブとかならね!」

増田「アジアやりたいなぁ」

小山「アジアやります!

手越「令和5月1日から365日間毎日ライブやります

加藤「シゲ死んじゃう」
f:id:stormsho0125:20190501180916j:image
小山「1日お客さん20人まで!」

増田「俺らが台湾でコンサートやったときがあってさ」

手越「台北アリーナね」

増田「あれさ、日本からのツアーだよね?」

小山「ファンミーティングみたいなのやったね!……来た人?」

\はーい!/

小山「嘘!?いや嘘でもいいよ。本当!?」

増田「かれこれ13年前ぐらい?」

加藤「じゃあ手越くんがフライング間違えて客席飛び込んだやつ見た方ですね」

小山「知らない方いるかもしれないけど、俺からその下(アリーナの柵前)ぐらいまで飛んだの。」

加藤「まだ飛ぶタイミングじゃないところでね」

増田「フライングってハーネスつけてて、後ろから紐で引っ張ってもらってて」

小山「テンションがかかってるんだよね」

増田「で、スタッフさんも引っ張ってないタイミングで手越が1人で走ってってシュっ!って飛んでドンっ!って落ちたの。」

加藤「ガシャン!ってなってたね」

増田「洗濯物のタオルみたいだった」

加藤「すごいのはまた戻ってきて正しいタイミングで飛んでったんだよね。何事も無かったみたいに。」

増田「他のみんなは手越大丈夫かな?って心配してんだけど、手越ドヤ顔なの」

加藤「なんの曲で飛んだんだっけ?」

手越「希望〜Yell〜だった気がする!」

増田「Fly away!でしょ」

加藤「あ、Fly away!で落ちたのか?」

小山「Fly away!タオル?」 

加藤「違うわ、1,2,3,4!で飛ぶのにワン!で飛んでった!」

小山「あのワン!までの準備どうしたの?」

手越「わかんない。あんときまだジャニーズ入って3年とかだから」

小山「いやだとしてもだよ」

手越「あれがNEWS最後かな?テゴマスでスウェーデン行って歌ったりしたけど」

小山「アジアやりたいねぇ」

手越「もちろん現地の方に来て欲しいけど、日本のファンの方も旅行がてらね!」

小山「でも日本も来ればいいじゃん」

増田「俺らがワールドツアーやりまーす!って言って日本入ってなかったらはァ??って思うよね。たまに大好きな海外アーティストがワールドツアーまわりまーす!って言ってよっしゃー!って見たらまぁまぁ近くてもハワイぐらいだよね。」

小山「日本入ってないと寂しいのあるよね。まぁ令和になったらさ、皆さんに沢山会える機会をさ、頑張って作りましょうよ」

手越「まぁ曲だそう。曲出して、テレビいっぱい出てー、雑誌いっぱい出てー、また会いたいね。来年の春ぐらいと言うよりは、去年は夏にもやったじゃん。」

増田「まぁおれら今年カウントダウンやるじゃん?」

NEWS「「「「やるやるやるやる」」」」

手越「もう取っといてもらわないとね!」

小山「カウントダウンやるからよろしくお願いしまーす!」

増田「テレビでも見れるし。」

小山「やってないときはなんか事情があったんだな、って思っといて

手越「年末は大阪の方に来て頂いて」

加藤「京セラドームでね」

増田「東京ドームの方に参加するんじゃなくて、去年と同じようにね」

小山「良い年にしましょうよ。ということで平成ラストのライブなんですよ。皆さん本当にぶちあがりましょう!」

増田「俺らが最後だね」

小山「わかんないまだあるかもしんないよ」

手越「NEWSに最後に会えるのがここにいるみんなだもんねぇ」

小山「さっき(Jrの)新藤(樹力)がさぁ、パンフレット持ってきて「シゲくん、小山くん、平成最後なんでメッセージもらっていいですか」って。理由が意味がわからない。普通ツアーラストに「お疲れ様でした」ってもらわない?平成最後に、って言われると1個ハードル上がるじゃん?平成最後的なことを書かなきゃいけないじゃん。シゲがまず最初だったんだよな。」

加藤「平成ありがとう、令和もよろしくって書いた。」

増田「めっちゃ新藤のコメントに影響されてんじゃん」

加藤「新藤の欲しがってるやつに、1人目だから!だから俺がやってるから他は出来ないよ、って。小山さんなんて書いたんですか?」

小山「俺はHey! Say! JUMPみたいに、Hey! Say! Last!って書いて。」

加藤「しかも普通に書いたら平成のHeiってiでいいじゃん。なんでyなの?なんでHey! Say! JUMPに引っ張られてんの?」

小山「(テゴマス)書いたの?」

手越「書いた書いた」

加藤「なんて書いたの?」

手越「俺は「平成ラストライブ!」」

加藤「みんなそんな感じじゃんwww」

小山「新藤ちょっと上がっておいでよ」

手越「マイク持って上がってきて」

小山「で、なんだっけ?」 

手越「平成ラストライブ!令和もよろしく」

加藤「まっすーは?」

増田「俺、「素敵なダンスをありがとう」みたいなこと」

加藤「令和は?」

増田「みんな書いてるからやめとこうと思った」

加藤「でも初めて令和って漢字で書いた。」

増田「俺も書いてみて間違えたら先輩としてちょっとさ……全部ひらがなで書いた」

手越「令和って?」

増田「いや、しんどう、すてきなダンスをありがとうって」

手越「素敵間違えたらあれだな」

新藤パーカー着て登場

加藤「(パンフ)持ってきてんじゃん!」

1枚ずつ見せていく新藤

増田「何この無言の時間?」

加藤「レアだよそれ貴重だよね」

増田「こちらのパンフレット1人の方にプレゼントします!」

小山「平成最後にメッセージ欲しかったの?」

新藤「大好きなんで、NEWS。NEWSが大好きなんで、頼みました」

小山「NEWSが好きなのか」

新藤「NEWS大好きです」

小山「これパンフレットどうしたの?」

新藤「これ自分で買いました!」

加藤「さっきさぁJrの楽屋行ったら新藤が黙々となにか読んでんの。楽屋とかで本とか読むタイプなんだーって思ってみたらこれ(パンフ)読んでんの。どうだった?」

新藤「かっこいいですめっちゃ」

加藤「どこがよかった?好きなとこは?」

小山「今選んでいいよ!」

増田「今日勿忘草って一人一人(Jrが)踊る曲、今日(渡辺)大輝だけど新藤の日もあるんです。」

手越「新藤、植田(翔)、大輝だね」

新藤お気にいりのページ

新藤「まず左ページ。増田くんとシゲくんなんですけど、下向いてるんですよ。伏し目がちの。」

小山「カッコつけてんだよな!」

新藤「めっちゃかっこいいっす。シゲくんはいつも通り。」

小山「シゲくんは、いつも通りかっこいいの!増田くんは?」

新藤「貴久くんは、いつもは可愛い感じだけど、ここではカッコつけてる」

小山「カッコつけてるの!」

新藤「おっすーが出てます」

小山「おっすー!?!?」

加藤「反対側はどうなの?」

新藤「手越くんと小山くんはいつも通り」

加藤「いつも通りなの!?」

新藤「これからサッカー行くぞ的な感じ」

小山「夜遅くにね!俺は?」

新藤「小山くんはぁ(笑)」

小山「何笑ってんだよ🙄」

新藤「マッサージ行く……」

小山「マッサージ行くの!?俺疲れてるのかな!?」

増田「マッサージ行くのにもちゃんと着替えていくね!」

小山「革ジャン来てマッサージ行くんだ!?へぇー……俺褒められてるそれ!?まぁいいけど……」

加藤「裏話だと、ここまでずっと笑ってないけど最後だけ笑ってるんだよね」

小山「俺見えてないじゃん😤😤最後「マッサージ気持ちよかったァ!」って言ってるところじゃん!?

手越「なるほどね!!そんな裏テーマあったの!!」

加藤「小山が喜んでるところ見て俺らも喜んでるの」

小山「アイツ肩上がるようになったなぁ!って。じゃあ新藤平成最後にファンの皆さんになにか言い残したことない?」

新藤「ちょっと盛り上げていいっすか?」

小山「おっ!?いいよ!!」

新藤「……広島ァ!!

コヤマス「「まてまてまて」」

増田「俺の女に何言ってくれてんだよ

小山「俺達の女に何言ってんだよ」

増田「オールマイレディースに何言ってんだよ」

小山「俺たちの男もいるけどな!」

増田「……男はちょっとシカトしとこ」

新藤「……広島のNEWSのファンの皆様!ジャニーズJrの新藤樹力です!平成最後ですが、盛り上がっていけますか?」

\イェーイ!!/

新藤「足りないなァ!

加藤「今日どんだけ声出させんだよ!?逆に出なくなっちゃうよ!?」

新藤「アリーナ!!

\イェーイ!! /

新藤「スタンド!!

\イェーイ!!/

新藤「広島ー!!」

\イェーイ!!/

新藤「NEWS!!

NEWS「「「「イェーイ!!」」」」

新藤「ありがとうございまーす!!」

小山「新藤でしたー!!」

手越「次さ俺新藤と歌一緒だから一緒に行くわ」

小山「最後もっかい手越一言いってよ」

手越「何が?」

小山「平成最後に皆さんに何か言ってよ。それではけなさい。最後のMCだから。」

手越「そっか……いやほんとに……」

小山「……苦手か!!!」

手越「いやほんとバカ真面目なこと言うと、みんなと出会えた平成がみんなと出会えた年号で良かったと思います。じゃ!ソロの準備してきまーす!!」

コヤマスシゲ「「「いやいやいや」」」

増田「みんなと出会えた平成が?」

手越「平成という年号が素敵なみんなと出会えた年でよかったな、って。」

加藤「でも令和で出会う子はどうするの? 」

手越「令和も、これから令和で出会うであろう子もよろしく、こういうことです。」

増田「あんな深々と頭下げることないよね。真面目になっちゃったーみたいな。」

手越「いいじゃん😤喋っといて着替えてくるから😤」

加藤「切れ味悪いなぁ」

手越「なんか恥ずかしくなっちゃった」

小山「平成最後だとなんでもありだな。新藤いいなー!」

加藤「パンフレットも宣伝してくれてね!新藤の夢を叶える回だったね!www」

増田「俺らもあんま入ったばっかです!みたいなちびっこと触れ合う機会が無くて。」

小山「ここまで密な感じっていうのもなかなか難しいもんね、距離感的にもね。」

増田「他のチームがどうやってるかはわかんないけど。」

小山「今日そういえばアイツ円陣やったもんね!そんときも言ってたね!広島ァ!って

加藤「思ったより声が低いんだよね」

小山「こんだけ盛り上がってくれると気持ちいいわ!嬉しい!次の時代に気分よくいけるね!みんなもそうであってほしいな。いこうね!このあともね!いける!?」

\イェーイ!!/

加藤「ちょっと休ませてあげたら!?w」

小山「いけんのかい!?」

\イェーイ!!/

小山「いけんのかい!?」

\イェーイ!!/

小山「倒れないでね!?」

加藤「のどちんこ気をつけてね本当

増田「そういうさ、We are X!的なの欲しいよね」

小山「いいじゃん、We are NEWS!」

増田「それそんなにやってないじゃん?」

小山「まっすーがやりたいの?NEWSの決まり?」

増田「NEWSでの!嵐で言う「I say Lucky You say Man!Lucky Man Licke Man!」みたいなの」

小山「全身全霊目指してくWay」

コヤマス「「自分取り戻すために 上、新しい何かを見つける ねぇ 、きっとまた巡り会う Some day」」

増田「君の涙笑顔みんな全部手と手つなぐ君を傍にいつも感じていたいんだ〜♪」

コヤマス「「きっとまた巡り会うSome day!全身全霊目指してく止めて!(シゲに)自分取り戻すため 止めて!新しい何かを 止めて!きっとまた巡り会う 止めて!?!?」」

加藤「止めないって方法でやってみました。時代?」

増田「違う、a Day in our life」

加藤「時代踊ってたよね俺らね!」

小山「踊ってたよね!」

増田「そんな〜時代も〜(中島みゆき)」

小山「違う違う違う」

増田「きっと〜話せる〜日が〜来るわ〜♪あんな〜wwwwww」

加藤「おい大丈夫かよ、さっきまでテンポよくいってたのに急にグダグダしてきたよ」

増田「大丈夫?シゲMC一言も喋ってないけど」

加藤「大丈夫です喋ってます」

小山「どうシゲ?平成最後だよ」

加藤「アイツなんなの?🙄」

増田「フリが超雑」

小山「どう?どう?」

加藤「マジでアイツなんなんだよ」

小山「でもさぁ、こっから後半だからね!」

加藤「当たり前のことを今言いましたけど」

小山「今確認しとこうと思って」

増田「どうするぅ?こっから1曲も歌わないでずっとMCするか。

小山「もうよくない?今日は。」

増田「でもあれだよ?100人なら100人が「よし、もう最後の曲聞かなくていいからMCやろう!」ってならないとやんないよ」

小山「なんでやんねんだよ!?ってなるわな」

増田「半分しかやってねえよ!?」

小山「終わって順番に案内されるじゃん?そのときに立てないぐらいやろう。ちょっと無理です、みたいな。全員が。」

増田「規制退場?はァ??みたいな」

加藤「そこは素直に従ってくれよ」

増田「Aブロック〜、いや無理無理無理無理無理!

小山「じゃあBブロック〜、いや無理無理無理無理無理!」

増田「じゃあじゃねえよ!!

小山「えー、以上です.+*:゚+。.☆じゃ、立つか!」

増田「平成最後だからさ、俺がHey! Say!って言うからJUMP! って言って。後半戦そこから盛り上げていきますから、後半戦とっとくギリギリの声で。」

小山「JUMP! でジャンプしてよ。もっと疲れさせようぜ!

増田「準備はいいか広島ァ!Hey! Say!」

\JUMP!/

増田「後半も楽しんでいきましょう!」

 

新藤へ

そのパンフください。

新藤「嫌です」

NEWSくんは

規制がかかるのはドームです。それやりたいからカウントダウンは大阪でしましょう。

平成最後もいつも通り自由なMCでした。多分令和になっても自由です。